ドラゴンの噂 PC自己紹介


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PL:はつかねずみP
PC:“稲光の”ザ・サンダース
技能:プリースト10、セージ5、コンジャラー1
一般技能:クレリック4

古いフェトル神殿の奥、拡張工事中のまま放棄された地にて生まれた。
誰にも知られぬ神殿にて薄汚れた聖印を拾い、それとは知らぬまま神々しきフェトル像を崇め、迷宮から外に出た時初めて人族を知った。

世間を知らぬまま信仰を培い磨き上げた哲学の下、微妙に世間から外れてるかもしれない自分なりの正義をもって世を生きる。
これだから世間知らずと言われるんだ……。

趣味は辻説法。
怒ると雷を落とそうとする。
稀に本当に落とす。


PL:漆刃梓菜
PC:“破れ得ぬ求道”アダマス
技能:ファイター10、アルケミスト5、マギテック1
一般技能:ソルジャー5

某の名はアダマス。岩の身体を持ち、この世に生を受けて十余年。
この身体の意義とはなんだ? 何のために某は大地より岩の身体を与えられた?
某は知りたいのだ。その意味を。
この身体が、一体どれほどのものなのかを。

ルキスラの銀鱗隊隊員に拾われたフロウライト。
男所帯に揉まれ、強く育ちました。
自分の肉体がどれほどの硬度なのか。
どこまでの攻撃を耐えられるかを求める求道者です。


PL:ご★るげ
PC:パミルッタ=バルディーニ
技能:ソーサラー9、セージ7、コンジャラー2、レンジャー1
一般技能:司書(ライブラリアン)5、筆写人(スクライブ)4、作家(オーサー)1

生まれたときほとんど死にかけていたのを、高司祭に助けられて一命を取り留めました。
それでも病弱で家で過ごすことが多かったため、毎日本を読んで過ごしていました。
「人生の伴侶」と言い切るぐらい本が好きで、中でも一番のお気に入りは冒険譚。
いつか自分もそうなりたいと勉強を続け、やがていっぱしの冒険者になりました。
依頼を請けていない時は図書館で司書をしつつ、一日中本を読んで過ごしています。
最近は自分の冒険を元に物語を書くことも始めてみました。
でも恥ずかしいので、見えないインクでコツコツと書き溜めています。

体は弱いけど気持ちは強く、細い体で頑張ります。


PL:とむ
PC:“切風”ユルゲン・フィリップス
技能:フェンサー10、スカウト7、プリースト2
一般技能:ベガー5、バウンサー3 

いろんな意味で有名な少年剣士です。
ルキスラ皇帝直々に言葉を賜るほど優秀な剣士でありながら、
裏では色々な盗賊ギルドから借りた借金を踏み倒して数々のブラックリストに名を連ねたほどの。
あまりの借金の多さを見かねた冒険者である兄によって冒険者の店に連れて行かれ、以後冒険者として働くことに。
…ただ冒険者として働くための装備代を借金に頼っており、借金が増えてしまったことが兄の最近の悩み。
そっくりだから間違って盗賊ギルドに狙われたことも普通にあるらしい。
そんな彼は今日も二本の刀と借金を手に冒険に出かけます。


PL:海鮮丼P
PC:“月影舞角”オリバー・プラント
技能:シューター9、スカウト8、マギテック3、エンハンサー1
一般技能:ハンター5、ボーンカバー4、プロスティチュート(ひも)1

月影舞角(読み:ゲツエイブカク)
意味
①月夜に舞う凄腕の狩人 (本人談)
②月影(シャドウ)に舞い上がる残念なドレイクさん(街の人談 本人は知らない)

剣を待たないドレイクとして生まれ、
一族の情けとして斥候として酷使されていたが耐え切れずに出奔。
命からがら逃げ延び力尽きた先に、
それは月を映し取ったかのような銀の目を持ち、その肌は(ry
なシャドウの弓術師救われ、恋におち、(門弟増やしのため)弓の技を教授され
一人前になったところで、愛しの師匠はどこかへ旅立ってしまった…

あれから数十年… あのわが女神はどこへ行ってしまったのだろうか…

自らの名声を彼女のもとに届くまで高めて、
あの包み込むような微笑を持つ麗しきジェーン師匠にとって
ふさわしい男に俺はなってみせる!


PL:或亀
PC:クォーツ・スモーキー
技能:フェアリーテイマー9/アルケミスト6/セージ3/レンジャー3
一般技能:カーペンター1、ウッドクラフトマン3、ガーデナー3、スカルプター3

物心ついて以来知的好奇心のまま冒険者をしているフロウライト
割りと長く生きてる為それなりに落ち着いた性格で後方からの支援を主とする。
他種族との交流をしたい為に冒険者をしているが何れは隠居して人里離れた自然の所に住んで妖精と戯れつつ書を読む植物のように静かな暮らしをしたいとも思ってる。
ちなみにパーティメンバーについては「実にアクの強い興味ある方々だ」と思っているらしい。
余談だが趣味は木工や彫刻、植物栽培という自然派である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。