地方の問題点及び噂


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページは、PCたちが活躍している地方で流れている噂や、起きている問題などを記述します。
要はシナリオネタ提案及び使用した設定の情報共有に使用するページです。
何か思いつきましたら、どなたでもお気軽に記入し、シナリオに採用してください。

採用されるかどうかわからないネタはとりあえず冒頭に「?」とお書きください。

?ではなく「◎」がついているのは「真実が確認された情報、要はシナリオで拾ったor拾う予定のネタ」です。
  採用したGMは書き換えをお願いします。

ここから


→PCたちに関する情報
 ◎ 特に希望がないならPCは都市にある巨大迷宮の探索を主目的にやってきた冒険者とする。
 ◎所属する冒険者の店の名前は“迷宮の鍵”亭。店主はサウザンリバーという若い女性。
  シエナクェラス風ドリアが名物料理で、スターライトドリンクという謎の飲料も違う意味で有名。


→地方に関する情報
 ◎名前はフェス地方。少なくともザルツ、フェイダン、シエナクェラスといったテラスティア大陸西部とは交流がある。
 ?地図の向こう、レンドリフトとリーンシェンクの間あたりにある列島地方?
 ◎穢れに対する忌避感がやや強く、特に蘇生や穢れの酒と言った「能動的に穢れを増す手段」には強い忌避感を持つ。
  魔法文明時代この地方を支配していた魔法王が穢れを利用した非人道的実験を行っていたのが原因と言われている。
  →そのためNPCでリザレクションを請け負うコンジャラーは基本的に存在しない。
 ?皮肉なことにそれ故魔法文明時代には強力な外法が数多く開発され、蛮族や外道魔術師の手に渡っているらしい。
 ◎大破局時から6体の強大な魔物が出現し、蛮族を組織化するなどして各地を脅かしている。
  →古代魔法文明時代に「六魔貴族」と呼ばれる側近がいたという伝承があり、関連があるのではと噂される。

→PCの拠点とする都市に関する情報
 ◎町の名前は「ルキア王国内の辺境にある開拓都市オド」
 ◎地方の辺境にあり、街の中心に迷宮につながる巨大な転移魔法陣がある。
 ◎この迷宮から得られるさまざまな産物目当てに切り拓かれた比較的新しい都市である。
 ◎そのため周囲は未開拓の領域が多く、近隣の村も都市の食料を賄うためにできた新しい村ばかり。
 ◎都市自体も人口バランスがいびつであり、さらに水を含む様々な生活必需品を輸入に頼っている。
 ?蛮族PCが街を歩いていても守りの剣による不快感を感じないらしい?


◎“ミスカンサス”と呼ばれる地方全体で暗躍している犯罪結社があり、各政府は彼らを撲滅させようと躍起になっている。
→ミスカンサス関連の噂
 ?ミスカンサスの構成員には蛮族も含まれており、蛮族による侵攻の尖兵なのではないかという説がある。


◎PCたちの住む都市の中心地には巨大な転移の魔法陣があり、剣の迷宮と思しき迷宮に通じている。
 →迷宮関連の情報
 ?転移魔法陣の行き先は同一ではなく、毎回違う迷宮に飛ばされるらしい。
 ◎どうやら剣の迷宮に収められている魔剣は「魔皇帝」と呼ばれるものであり、オドの上層部はそれの破壊を目指しているらしい。

◎都市を少し行くと材木に適した木々の生い茂る巨大な森が広がっている。森はそのまま山脈まで続いている。
 森林資源確保や治安維持のため、都市政府は常時冒険者の店に森林の調査を依頼している。
→巨大な森および山脈関連の噂
 ?森では動植物以外に蛮族もよく発見され、奥地には強大な蛮族領域が存在するのではといわれている。
 ◎魔動機文明時代、山脈には鉱山都市が存在した。
  魔動機と鉱物資源が都市の形で眠っているが、六魔貴族が一柱“炎殺候”の部下によって占領されているらしい。
  →鉱山都市は解放されました。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。