はじめに


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自分の学力を知るためには他人との比較が不可欠です。

 

そこで自分の受けた模試の総受験者の平均や標準偏差だけでなく、過去の先輩方とのデータと比較し自分の学力をますます明確にすることで、志望校選択の一助に なるでしょう。また、自分の時期に先輩方はどれだけ点を取れていたのかなどを知っておくと次の模試の目標を明確に定められるようになります。

 

また、模試の性質上受験と結果返却にどうしても時間のギャップができてしまいます。自分の点がどうなのか知りたいがあまり、勉強に身が入らないこともあるでしょう。そこで、自己採点した自分の得点がどれくらいの偏差値であるかなどを予測する材料の一つとして、過去のデータベースが役に立つはずです。

つまり

  • 学力の明確化
  • 目標点の設定
  • 不安要素の払拭

に役立ててください。

もちろんこれらは一例に過ぎないので、活用法は個人個人にお任せします。好きなように利用してください。

 

上記した通り、地域や所属団体によって結果の返却時期に個人差が出てしまいます。

ですので、結果がわかった方から編集に協力してもらえると助かります。

 


q?_encoding=UTF8&ASIN=4325188711&Format=_SL110_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=takuo10401-22q?_encoding=UTF8&ASIN=4325188738&Format=_SL110_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=takuo10401-22q?_encoding=UTF8&ASIN=432518872X&Format=_SL110_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=takuo10401-22