貪欲な壺

通常魔法
自分の墓地のモンスター5体を選択して発動できる。
選択したモンスター5体をデッキに加えてシャッフルする。
その後、デッキからカードを2枚ドローする。
ただし、カードは○○から出る。
カオスな友人とカオスな闇のゲームをしてみたにおける、ある意味看板モンスターである。モンスターではないがな!
「困った時の貪欲な壺」と呼ばれることも多々あり、さながら禁止になる前のアニメにおける「強欲な壺」である。
当初は鼻からカードが2枚出てくることによりドローしていたが、回を重ねるごとにカードが出てくる場所にバリエーションが出てきた。

  • カードが出てきた部位

上から5枚入れる

デッキと壺をシャッフル

鼻から左右1枚ずつ出てくる
これが基本的な貪欲な壺の運用の仕方である。

・カオス闇ゲ内での活躍

第1回シェフが2回使用。
《ゴヨウ・ガーディアン》《キラー・トマト》《プチトマボー》《プチトマボー》《マンジュ・ゴッド》の5枚を戻し、カードを鼻から2枚ドローした。
終盤にもう1回発動し、《プチトマボー》《マンジュ・ゴッド》《クリッター》《氷結界の龍 トリシューラ》《トマボー》の5枚を戻し、やはりカードを鼻から2枚ドローした。

第2回でも登場し、シェフが使用。
《サテライト・キャノン》《サテライト・キャノン》《ロケット戦士》《オネスト》《シャインエンジェル》の5枚を戻し、カードを鼻から2枚ドローした。

第3回でもまたまた登場。
この辺りからカオス闇ゲの看板カードの1つとして定着し始める。
この時はシンシェフの両者が使用し、シンは《フレムベル・マジカル》《メタモルポット》《カオスエンドマスター》《デブリ・ドラゴン》《ディープ・ダイバー》の5枚を回収、案の定鼻からカードを2枚ドローした。
その後シェフも使用し、《さまよえる亡者》《ワイト》《13人目の埋葬者》《ワイト》《ワイト夫人》の5枚を回収、当然のごとく鼻から2枚ドローした。
この頃から他のデュエル動画でも貪欲な壺の鼻からカードを出す編集が見られるようになってきた。

第4回でもシェフが使用。
《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》《プチトマボー》《キラー・トマト》《キラー・トマト》《ジャンク・シンクロン》の5枚を戻し、言うまでもなく鼻から2枚ドローした。

第5回ではシンシェフの両者が使用。
シンは《ジャンク・シンクロン》《ガスタ・ガルド》《ガスタ・イグル》《クリッター》《ガスタの静寂 カーム》の5枚を鼻から吸い込み、なんと上から2枚ドローした。この動画の歴史を塗り替えた瞬間であった。
普通に使ってもらえて壺もちょっとだけ嬉しそうである。
直後にシェフも発動し、《機皇帝ワイゼル(インフィニティ)》《マシンナーズ・ピースキーパー》《機皇帝グランエル(インフィニティ)》《メタモルポット》《強化支援メカ・ヘビーウェポン》の5枚を食べ、今度は下から2枚ドローした。相変わらずシェフには変な使い方をされ、壺もちょっとだけ悲しそうである。
この回から「鼻からではなく変なところから出す」のが定番になり、出演者は思い思いの場所からカードを引くようになった。

  • あまり知られていないが、第6回では登場していない

第7回にも登場し、案の定シェフが使用。
《ハングリーバーガー》《メタモルポット》《トマボー》《トマボー》《プチトマボー》の5枚を戻し、《貪欲な壺》の鼻の中にいる《強欲な壺》の鼻から2枚ドローした。

第8回シェフが使用した際は、《オベリスクの巨神兵》《創世神(ザ・クリエイター)》《クリッター》《神獣王バルバロス》《ヲー(ラー)の翼神竜》を右耳(視聴者から見て)からカードを戻し左耳(視聴者から見て)から2枚ドローした。
5体中4体が神という、非常に豪華な回収対象である。

第9回でもやはりシェフが使用。
《氷結界の龍 ブリューナク》《ジャンク・シンクロン》《プチトマボー》《トマボー》《クリッター》の5体を鼻から入れ、さらに《貪欲な壺》自身がそれらを自動的に鼻から出して上から入れ、最終的に《貪欲な壺》の中から出た《壺魔神》の頭部である《強欲な壺》から2枚ドローした。

第10回でもシェフが使用。
《クリッター》《E・HERO(エレメンタルヒーロー) エアーマン》《E・HERO(エレメンタルヒーロー)プリズマー》《ブライガー・シンクロン》《レッドブラック・デーモンズ・ドラゴン》の5体を鼻から吸い込み、鼻から2枚ドローした。

第11回では久々にシェフではなく、ダストが(動画内では)初使用。
《聖なる守り手》《メタモルポット》《結界術師 メイコウ》《破戒僧 ランシン》《ジェムナイト・パール》の5体を鼻から吸い込み、両目から1枚ずつ計2枚ドローした。とても痛そうである。

  • この間、2011年9月からの制限改訂により、このカードは無制限から一気に制限カードとなってしまった。そのせいもあるのか以前に比べ発動回数が減ってしまい、第12回ではなんと 発動されていない

第14回でもダストが使用。
H(ヒロイック)-C(チャンピオン) エクスカリバー》《H(ヒロイック)C(チャレンジャー) ソード・シールド》《荒野の女戦士》《H(ヒロイック)C(チャレンジャー) エクストラ・ソード》《H(ヒロイック)C(チャレンジャー) エクストラ・ソード》の5枚を戻し、上から2枚ドローした。普通。

第15回ではシェフが手札に握っていたが、《召喚僧サモンプリースト》の効果の発動コストで墓地へ送られてしまった。

第16回では両者ゲストデュエリストだったこともあり、使用されていない。

第17回ではシェフが手札に握っていたが、《アルティメット・本田君(トライデント・ドラギオン)》の効果を使用するために隣の《結束-UNITY》共々セットされ、そのまま破壊された。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。