【次元青眼】

【次元青眼】又は【ディメンション・ブルーアイズ】。
《青眼の白龍》を《龍の鏡》で《青眼の究極竜》に融合召喚する場合に発生する。
青眼の除外を対策として構築しなおしたデッキ。
Mr.T本人は『ネタデッキ』を豪語していたが、何人ものデュエリストが【次元青眼】の餌食となっている。

そのため、このデッキを使われた人にはある種のトラウマを植えつけられている。
レシピは公開されていないが生放送でのデュエル運びを思い出すと、

  1. 《伝説の白石》を《調和の宝札》で落とし2ドロー、《青眼の白龍》を回収。
  2. 《青眼の白龍》を《トレード・イン》で捨て2ドロー。
  3. 《サイバー・ヴァリー》を召喚しさらにドロー
  4. この上記を繰り返す。
  5. 《手札断札》で手札に腐ったものを捨てて2ドロー
  6. この上記で墓地をある程度肥やした状態でカオスを召喚する。このときの光コストは《青眼の白龍》が望ましい。(場合に応じて《青眼の究極竜》を《龍の鏡》で出してししまう。)
  7. 《D・D・R》を発動し《青眼の白龍》を特殊召喚する。

以上、これがこのデッキの基本的流れである。
そのために《ジャンク・シンクロ》や《チューニング・サポーター》などを投入し、シンクロ行う。

攻撃防御系や、召喚阻止系などは《神の宣告》、《神の警告》、《次元幽閉》などが搭載されている。
相手の召喚を阻止するためでなく、精神的なLPをごっそり削っているためある意味このデッキはネタデッキの中では相当鬼畜と思っていただいてもいいかもしれない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。