召喚僧サモンプリースト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おじいちゃん(虚弱なカード)
星4/闇属性/魔法使い族/攻 800/守1600
このカードはリリースできない。
このカードは召喚・反転召喚に成功した時、ぎっくり腰になる。
1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てる事で、
デッキからレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、そのターン攻撃できない。
通称じーちゃん、サモンじーちゃん。
手札の魔法カード1枚を「縛り・ライフコスト・発動条件のない攻撃不可の《ヒーローアライブ》」に変換する効果を持つ。
ただし召喚・反転召喚した場合自身はぎっくり腰になってしまうため、一緒に攻撃することができない。

現在はシンクロ召喚・エクシーズ召喚の登場から一切のデメリットを無視できるようになり、
一線級の魔法使い族モンスターの1体に数えられるまでになった。
長い時を経てビッグになった、まさにおじいちゃんである。

・カオス闇ゲ内での活躍について

第10回シェフが使用。《クリッター》からサーチされ、そのまま召喚されるが、ぎっくり腰をこじらせ守備表示になった。
自身の効果で《融合》を捨て、《ブライガー・シンクロン》をリクルート、《スターダスト・ドラゴン》のシンクロ素材となった。
その後《リミット・リバース》で復活したことでぎっくり腰が治り、手札の《摩天楼2-ヒーロー・シティ》をコストに再び効果を発動、
貪欲な壺》で戻した《E・HERO エアーマン》をリクルートし、《No.39 希望皇ホープ》のエクシーズ素材となった。

第12回ではシェフダストが共に使用。
どちらも《キラー・トマト》からリクルートし *1
ダストは《魂の解放》をコストに《E・HERO プリズマー》を、シェフは《闇の誘惑》をコストに《終末の騎士》をリクルートした。
その後、どちらも《ダイガスタ・エメラル》のエクシーズ召喚につなげた。

第15回でもシェフメイジが共に使用。
シェフは《ヴェルズ・ヘリオロープ》をリクルートし、それと共に《ラヴァルバル・チェイン》のエクシーズ素材となった。
その後メイジも《キラー・トマト》からリクルートし *2 、効果によって《インフィニティ・ダーク》をリクルート。
週末 (ウィークエンド)終末の騎士(・ナイト)》と共に《No.(ナンバーズ)50 ブラック・コーン号》のエクシーズ素材となった。
さらにラストターンにもう1体呼び出し、リクルートした《シャドウ・ダイバー》と共に《No.(ナンバーズ)39 希望皇ホープ》のエクシーズ素材となった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。