【レモンをリゾネーターで出せばキング】

レモンをリゾネーターで出せばキング(キングのデュエルはエンターティィィ↑メントでなければならないデッキ)

早い話が【バイスリゾネーター】。
ただしデッキバランスは極限まで突き詰めてあるため、
モンスターコンボが次々と決まり、気がつけばレモン一族が場に揃っているという不思議なデッキ。

カード名 枚数
メインデッキ 41
モンスター 20
《サルベージ・ウォリアー》 3
《バイス・ドラゴン》 2
霞の谷(ミスト・バレー)のファルコン》 3
《バリア・リゾネーター》 2
《クリエイト・リゾネーター》 2
《ダーク・リゾネーター》 1
《クロック・リゾネーター》 1
《フレア・リゾネーター》 1
《フォース・リゾネーター》 1
《バトルフェーダー》 1
《ダーク・バグ》 1
メタモルポット 1
救世竜 セイヴァー・ドラゴン 1
魔法 11
《コール・リゾネーター》 2
《共鳴破》 2
簡易融合(インスタント・フュージョン) 2
《クリムゾン・ヘル・セキュア》 1
《ブラック・ホール》 1
《死者蘇生》 1
《ワン・フォー・ワン》 1
《精神操作》 1
10
《リビングデッドの呼び声》 2
《デモンズ・チェーン》 2
《安全地帯》 2
《スクリーン・オブ・レッド》 2
《スカーレッド・カーペット》 1
《聖なるバリア-ミラーフォース-》 1
エクストラ 15
スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン 1
セイヴァー・デモン・ドラゴン 1
氷結界の龍 トリシューラ 1
レッド・デーモンズ・ドラゴン 3
《スターダスト・ドラゴン》 1
霞の谷(ミスト・バレー)の雷神鬼》 2
《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》 1
《氷結界の虎王 ドゥローレン》 2
《氷結界の龍 ブリューナク》 1
《深海に潜む鮫》 1
《ドラゴンに乗るワイバーン》 1

キングのデュエルは、エンターテイ↑↑ィメントでなければならないッ!

見ての通り永続罠が多く、かなり【セルフ・バウンス】に傾倒している。
肝心の回収要員は《霞の谷のファルコン》《霞の谷の雷神鬼》《氷結界の虎王 ドゥローレン》《氷結界の龍 ブリューナク》がおり、使い終わった永続罠を回収する事で、効果を再利用する事ができる。
各永続罠によるトラップコンボは以下の通り。
出た!キングのトラップコンボだ!
  • 《リビングデッドの呼び声》:言うまでもなく《レッド・デーモンズ・ドラゴン》やシンクロ素材の蘇生。変わったところでは《霞の谷の雷神鬼》を蘇生し、相手ターン中にこのカードをバウンスすることで、雷神鬼をエスケープできる。
  • 《デモンズ・チェーン》:縛ったモンスターをファルコンで攻撃することで、このカードを回収しつつ厄介な相手モンスターを倒せる。
  • 《安全地帯》:相手モンスターにつけて回収すれば除去に、破壊効果にチェーンして自軍モンスターにつければ耐性を与えられる万能カード。
  • 《スクリーン・オブ・レッド》:自分のエンドフェイズが回る前に回収し、メインフェイズ中にセットしなおすことで、1000ダメージを帳消しにしつつ相手の攻撃を全て封じることができる。
このように柔軟に永続罠を活用し、墓地とフィールドを掌握することでこのデッキの真価は発揮されるといえる。

見よ、キングの輝かしき活躍を!

第11回で製作者のシェフ本人が使用。
レッド・デーモンズ・ドラゴン》(以下レモン)をこれでもかとシンクロ、蘇生し、しつこくフィールドを制圧し続けたが、
ダストが放った《金生水の陣(激流葬)》で全滅したり、《呪いのお札》を貼り付け(装備させ)られて《(大)成仏》したりと、肝心のレモンは散々な扱いを受けた。
終盤はこのデッキならではの柔軟性を活かし、凄まじい勢いでシンクロモンスターを展開。
《セイヴァー・デモン・ドラゴン》と《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》の両者をフィールドに並べるという奇跡の光景を披露した。
しかしアスキラルのフライングエクシーズチェンジで誕生した《CNo.(カオスナンバーズ)39 希望皇ホープレイ》により敗北を喫することとなった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。