【やはり直接攻撃は最強でござるな】

【やはり直接攻撃は最強でござるな】

シェフが生放送やオフ会でもよく使うデッキでござる。
デッキ名を見てこのデッキのテーマが推察できたらそなたは既に立派なSAMURAIでござる。

掲載日:2012/11/13 (2012/09/01禁止・制限レギュレーション対応)

カード名 枚数
メインデッキ 41
モンスター 16
《六武衆の師範》 1
最強の拙者 六武衆-ヤリザ 》殿 3
《真六武衆-キザン》 3
《真六武衆-カゲキ》 3
《真六武衆-ミズホ》 2
《真六武衆-エニシ》 1
《真六武衆-シナイ》 1
拙者の六武衆の影武者》 1
《メタモルポット》 1
魔法 16
《団結の力》 3
《六武衆の結束》 3
《紫炎の狼煙》 2
《地獄の暴走召喚》 2
《アームズ・ホール》 1
《大嵐》 1
オレイカルコスの結界 1
《死者蘇生》 1
《増援》 1
《六武の門》 1
9
《デモンズ・チェーン》 3
《トラップ・スタン》 2
《リビングデッドの呼び声》 2
《諸刃の活人剣術》 1
《究極・背水の陣》 1
サイドデッキ 0~
エクストラデッキ 0~

本当に直接攻撃は最強なのか?

最強でござる。遊戯王OCGの基本ルールを思い出してほしい。
如何に強力なモンスターが待ち構えていようと、ライフを0にすれば拙者たちの勝利でござる。
相手を無視してモンスターを展開し、圧倒的物量で1ターンキルを決める動きは、第6期以降のトップメタでも基幹戦略でござる。
桶狭間の戦い然り、義元公は尾張に大軍を仕向けたが、手元の防御が疎かだった故命を落とす羽目になったでござる。
故事を見ても分かる通り、直接攻撃ほど強力な戦術はないのでござる。
他にも直接攻撃は、《切り込み隊長》や《魔知ガエル》、地縛神などの「モンスターへの攻撃を封じる」戦略にも有効でござる。
モンスターを攻撃するつもりなど毛頭あらぬからな。
故に拙者の攻撃力をSAMURAIたちの《団結の力》で高め、一撃必殺の槍撃を敵将に見舞うことこそ、このデッキの醍醐味であり、最大の戦略なのでござる。

しかし、人斬りSAMURAIとはいえど、孤独ではその本来の力は発揮できぬ。
信玄公 (キザン) 今は亡き先代の将軍 (御霊代) その正室たる尼将軍 (ミズホ) 景清殿 (カゲキ)我が影(影武者) 団結する (団結の力)ことで、初めて戦場に躍り出られるのでござる。

KASSENとは時に残酷なものでござる。
悪魔と契約 (デモンズ・チェーン)してまで勝利しなければならぬこともあろう。
未知の金属 (オレイカルコスの結界)で武器の鍛錬をしなければならぬこともあろう。
落ち武者の怨念 (リビングデッドの呼び声)を借りてまで団結(団結の力)せねばならぬこともあろう。
時には 決死の覚悟 (究極・背水の陣)を以ってIKUSAに臨まねばならぬこともあろう。
しかし、あらゆる手を尽くした先に勝利はある。これほど大きいものはない。
我々は 信長公 (シエン)の野心のため、そして 天下統一 (ヤリザ1キル環境入り)のために今日も奔走するのでござる。

ちなみに、玉のような謎の岩(メタモルポット)は、「(ぎょく)」の字が示す通り、天皇陛下のことでござる。

弱点

完全無欠な陣形など存在しない。一見最強に見える我々にも弱点はある。
拙者の一撃さえ決めれば勝利は我々のものでござるが、言い換えれば拙者の一撃が通らない状況が最も危険でござる。
誤って 敵将の身代わり (速攻のかかし)に特攻するかもしれないし、
除夜の鐘 (バトルフェーダー)に怯んでしまうこともある。
また、拙者を守る手段自体は 罠はずしの術 (トラップ・スタン)程しか用意しておらぬ故、拙者の槍が 折れてしまえば (月の書)死を覚悟せねばならぬ。
このあたりは 尼将軍 (ミズホ)の手際の良さや、 我々に味方する神風 (大嵐)に任せてもらう他ないでござる。
未知の金属 (オレイカルコスの結界)はSAMURAIの 同調 (シンクロ) 共鳴 (エクシーズ)を阻害する作用があるが故、必殺陣形が揃わないうちに大型モンスターを揃えられてしまうと、ジリ貧になってしまうことも今後の課題でござるな。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。