ちゃきVSひさよん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ちゃき「あの事を言ってさ 彼がリタイヤするだろうなって思ってた?」
ひさよん「それは・・・」
ちゃき「させられるなって思って言った?」
ひさよん「やっぱ好きになった人だったから 無理矢理リタイヤとか強制リタイヤとかっていうんじゃなくて」
ちゃき「こっちから見ればでも 無理矢理っぽかったよ」
ひさよん「なんて言えばいいんだろう」
ちゃき「ひさよんのその 彼はこうだっていうその意見のせいで 彼の旅が終わってしまった。田上くんがいなくなってから ここに田上くんがいたならって思ってしまっててさ。いるはずなのにいないっていう寂しさはやっぱ ちゃき はあってさ」
ヤンクミ「でもそれは消さにゃダメ」
ちゃき「わかってるよ」
ちゃき「大好きだった これは事実でしょ?」
ひさよん「うん」
ちゃき「じゃあなんで その過去の想いをぶつけなきゃいけなかったの?」
ひさよん「旅中かけられた彼の言葉や行動で励まされ 涙を流し 感動し 怒り・・・」
ちゃき「うまく綺麗にまとめようとしなくていいんだよ」
ひさよん「まとめようとしてるんじゃないんだけどなんていうのかな・・・」
ちゃき「ハァ・・・」
ひさよん「私ぶっちゃけ本当その時 私なの?和泉なの?ゴキなの?っていう田上くんの気持ちはみんなに粉をかけてるから 本当に誰を好きなのかわからなかった」
ちゃき「田上くんはその3人を必ず誰かを好きになんなきゃいけなかったの?」
ひさよん「そういう意味じゃない」
ヤンクミ「ロビー行ってていいですか?」
ひさよん「これ本当に言ったら申し訳ないと思うんだけど ちゃきより私の方が田上くんの事を知ってるとまでは言わないよ。だけど 3カ国一緒に旅したからこそちゃきの知らない田上くんの部分もあり」
ちゃき「あ それ納得しろってこと?」
ひさよん「ううん 違う違う もしそれで納得できなかったら・・・」
ちゃき「わからない 理解できない。ん~」
ひさよん「なんか なんて言うんだろうな・・・」
ちゃき「田上くんの気持ちがわからなかったんでしょ?」
ひさよん「わからなかったよ本当の気持ちは でも本当の気持ちなんて本人にしかわからないじゃん?」
ちゃき「だから矛盾してると思うの」
ひさよん「なんで?」
ちゃき「本当に好きだったら最後までとことん信じてあげたい。他人の意見を聞いて あっ この人はこうなんだ。あっ じゃあいいや。あっ この人最低の人なんだ。じゃあ終わり」
ひさよん「ちょっと待ってあの・・・」
ちゃき「大好きっていう気持ちはどこに行ってしまったの?許せない・・・許せないっていう気持ちで覆いかぶさってしまったんだよね?」
ひさよん「待って」
ちゃき「憎しみに変わったんだね」
ひさよん「いや 違う。和泉の為っていうのもある」
ちゃき「ん~」
ひさよん「新メンバーの為でもある」
ちゃき「和泉さんの為に 新メンバーの為にって言ったけど 悪い言葉で言ってしまえば 余計なお世話になってしまう」
ひさよん「そんな風に言うんだったら・・・」
ちゃき「相手の気持ちも大事しなきゃいけないと思うんだよ」
ちゃき「人の気持ちを考えたことある?」
ひさよん「それはさ 私がさ 人の痛みがわからないとかって」
ちゃき「そう言ってるわけじゃない」
ひさよん「じゃあさ・・・理解できないかもしれないけどさ・・・私の立場さ・・・考えられる?ちゃき。私の気持ち」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。