Keyクラス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


とりあえず、DXライブラリを使っていくのだからDXライブラリ用のキーボードのトリガー処理をやってくれるクラスを作っておきました。
ジョイパッドには対応してないけどな!!

とりあえず下の添付ファイルにヘッダーとcppを入れてます。
とくに解説することはありませんが使い方は

Key mKey;

とでも使いたいクラスやらで宣言しておいて更新処理のところで

mKey.Update();

を呼んで、例えばZキーが押されているかどうかを調べたい場合

if( mKey.IsDown(KEY_INPUT_Z) ){
   //処理
}

見たいな感じで使います。

mKey.IsDown();
対応するキーが押されているかどうかを見てboolで返します。押されてるとtrueです。
mKey.IsUp();
対応するキーが離れてるかどうかを見ます。
mKey.IsPush()
対応するキーが押された瞬間かどうかを見ます。
mKey.IsRelease();
対応するキーが離された瞬間かどうかを見ます。

一応全キーに対応してます。

引数に入れる文字はリファレンスページを見てください。
リファレンス
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル