※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プレドニゾン

概要

steroid薬。副腎皮質ホルモン-糖質コルチコイド(glucocorticoid)の合成薬。

効果効能

免疫を抑制し、炎症を抑える。言い換えれば、免疫が抑制されるため、感染症に弱くなる。
副作用としては、glucocorticoid全般にいえることだが、タンパク質を分解して糖質に変換するため、血糖値が上昇する。
短期的な副作用としては、不眠症や躁、鬱などの精神症状、長期的な副作用としては、クッシング症候群、骨粗鬆症、白内障などがある。また、内臓への影響としては、タール便(消化管出血が原因)、下痢などがみられる。

薬物動態・作用機序

肝臓で代謝され、prednisoloneとなり作用するプロドラッグ。