※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Gadolinium(ガドリニウム)

概要

原子番号64。原子記号:Gd。レアアース(希土類元素)の一つ。lanthanoid(ランタノイド)の一つ。
強磁性をもつため、MRI造影剤としても使用される(勿論Gd単体ではなく、錯体)。
人工放射性同位体であるGadolinium-153は骨粗鬆症などの骨密度測定のためのX線源として用いられる

造影剤

MRI造影剤として用いる場合には、ガドジアミド水和物やガドペンテト酸ジメグルミン、ガドキセト酸ナトリウム、ガドテリドール、ガドテル酸メグルミンなどといった形で使用されている。
キレート剤と一体となっており、腎毒性も低く、通常は24時間以内に排泄される。しかし、腎機能に障害がある場合は当然排泄されにくく、体内に想定より長時間残留することになり、キレート剤からGdが遊離しやすい。キレート剤にはDOTAのような環状構造のものと、類似の非環状(線状)構造のものがあるが、当然環状のものの方が遊離しにくい(Gd-DOTA錯体=ガドテル酸)。
そのため、腎障害のある患者に対して用いると、NSF?(腎性全身性線維症)を発症する可能性があり、避けるべきである。
※厚生労働省は2011年に、ガドリニウム造影剤に関し、「NSFと遅発性のショック、アナフィラキシー様症状」についての注意・警告を改訂した。

EPISODE

Season 1の01.PILOTで用いられアレルギー(アナフィラキシー様症状)を起こした。

参考