※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

myoclonus(ミオクローヌス、マイオクロナス)

概要

筋肉、もしくは筋肉群に起こる瞬間的な不随意運動のこと。病気というより、症状である。
健康な人間にも起こることがあり、寝入り時にビクっとなる場合や、しゃっくりなどが、その例である。

原因

02.Paternityのハウス医師によると、寝入り時は酸素が不足しているため起こる…らしい。
ミネラルの不足により起こる場合もある。

症状

発生する筋肉の場所によって、見た目の運動の激しさは変わるが、基本的にどこかの筋肉がビクッとするのが症状。
通常はビクッとしておしまいだが、しゃっくりのように継続性があることもあり、場合によってはtremor?(振戦)と区別がつきにくいこともある

分類

myoclonusは基本的に筋肉が瞬間的に収縮する場合を指し、逆に瞬間的に筋肉が弛緩する場合を、陰性ミオクローヌス(negative myoclonus)と呼ぶ。
また、自発性のものと、刺激反応性のものがある。

診断

myoclonusかどうかの鑑別診断には、何よりも実際にその発作をみるのが早い。それでも振戦など他の不随意運動が疑われる場合には、筋電図や脳波をとることで鑑別できる。

治療

ミネラル不足による場合は、補給してやる。
その他、一部のmyoclonusには、5-HTP?(5-HydroxyTryPtophan)が有効な場合がある。