岩松 薬久


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 岩松 薬久(イワマツ クスヒサ)
性別 男性
年齢 39
身長/体重 178cm/67kg
容姿 白黒雑じりの茶髪。地毛。 瞳は金色
所属 UGN:E市支部
立場 UGN支部長:E市
シンドローム1 オルクス
シンドローム2
オプショナル なし
戦闘スタイル RC型(支援エフェクト有)
所持エフェクト ワーディング
リザレクト
コンセントレイト:オルクス
アニマルアタック
アニマルテイマー
ハンドリング
棘の戒め
大地の牙
要の陣形
妖精の手
所持イージーエフェクト 地獄耳
猫の道
不可視の領域
キャラシート http://charasheet.vampire-blood.net/18603.html
設定・備考等 H道E市のUGN支部長兼大学学長。
世界の神話に造詣が深く、その方面ではそれなりに有名。
いくつか教員免許も持っているため、高校や中学校にもちょくちょく顔を出している。

また無類の猫好きとしても有名。
驚異的な猫寄せ体質らしく周りにはいつも多くの猫を従えていて、いつの間にかE市のいたるところに猫が見られるまでになっている。
E市自体もこの事態を受け「ぬっこぬこの街」として猫好き誘致を計画しているらしい。

理由は教えてくれないが盲目であり、自分の因子を埋め込んだ猫たちを媒介として周囲を観察している。
市内のいたるところにいる猫たちを通じてE市に異常がないか確認するのが日課。

性格は結構ワイルドで兄貴肌。いつの間にか人を引き寄せる明るい雰囲気の持ち主。
「堅苦しい感じがするから」と苗字で呼ばれるのを嫌い、「薬久先生」と主に呼ばれている。敬語はほとんど使わない。
学生たちや教員たちを家族のように思っており、彼らを守ることを何より優先する。

戦闘ではオーヴァードとして覚醒した猫たちを操り、敵を攻撃する。
また援護も得意としており、随所で適切な指示を飛ばす。