オルゴイコルコイ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終的に彼のチームは、オルゴイコルコイは手足のない爬虫類の亜種ではないかと結論づけた。
とはいえ、証拠は何もない。
今もなお、このオルゴイコルコイは伝説として語り継がれている。
――Mongolian Folklore

ステータス

※個体値0のステータスを表記しています。
No ファミリー モンスター名 種族 タイプ アビリティ スキル
237 外来 オルゴイコルコイ - 隠密 耐毒 紫電
ポイズンアシッド(潜在)
カード 原/亜 レア レベル HP 攻撃 魔力 防御 命中 敏捷 属性耐性 状態耐性
237_olgoi-khorkhoi_0g1.jpg 原種 Lv.1 3000 800 300 800 900 200 炎耐性20
冷耐性20
石化耐性10
魅了耐性10
恐怖耐性10
Lv.50 4743 2000 750 2000 2250 500
237_olgoi-khorkhoi_1g1.jpg 亜種1 Lv.1 3100 1000 400 900 1000 300 炎耐性20
冷耐性30
Lv.70 5369 3000 1200 2700 3000 900
237_olgoi-khorkhoi_2g1.jpg 亜種2 Lv.1 3300 900 300 1000 900 200
Lv.70 5715 2700 900 3000 2700 600

Illustrated by BLK


入手方法


備考

  • 別名モンゴリアン・デス・ワーム。牛の腸に似ていることから、現地では腸虫を意味するオルゴイコルコイと呼ばれる
  • ゴビ砂漠に生息するとされるUMA(未確認生物)
  • 体長は約50cm、大きいものだと1.5mに達するという。体重は約9kg
  • 体色は暗い赤色と言われるが発光する目撃例もある
  • 通常は地中に穴をほって暮らしているが、雨季が訪れる6月から7月には地上に出てくる
  • 獲物を見つけた場合、威嚇した後跳びかかって毒液を吹きかける。この毒は黄色で蒸気状であり致死性が高いが7月を過ぎると大幅に毒性は低下する
  • 2005年に動物ジャーナリストのリチャード・フリーマンを中心としたイギリスの研究チームが捜索、捜索前は毒の強さはともかく実在すると予想していたが発見できず、架空の生物と結論づけた
    • 正体は諸説あるが、概ね爬虫類の類だろうとされている

コメント

名前:
コメント: