デルピュネー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アポロンはその化物に向かって、千の矢を射掛けた。
矢筒は空になり、無数の傷から溢れ出した毒液は、その傷口を黒く染めていった。
――Ovid "Metamorphoses"

※個体値0のステータスを表記しています。
No ファミリー モンスター名 種族 タイプ アビリティ スキル
260 魔獣 デルピュネー ドラゴン 妖女 潜行
耐魅了
フレイミングスピア
オラクルガード
カード 原/亜 レア レベル HP 攻撃 魔力 防御 命中 敏捷 属性耐性 状態耐性
260_delphyne_0g1.jpg 原種 Lv.1 2500 900 700 900 700 300 眩暈耐性10
睡眠耐性5
恐怖耐性7
Lv.50 3952 2250 1750 2250 1750 750
260_delphyne_1g1.jpg 亜種1 Lv.1 2600 1000 900 1000 800 400
Lv.70 4503 3000 2700 3000 2400 1200
260_delphyne_2g1.jpg 亜種2 Lv.1 2500 1100 700 900 1000 400
Lv.70 4330 3300 2100 2700 3000 1200

Illustrated by キイル


入手方法

備考

  • ギリシア神話に登場する怪物。→wiki
  • 上半身は女性で下半身が蛇。テュポンの血縁という説もある
  • テュポンがゼウスを破り手足の腱を切って幽閉した際に門番を務めたがヘルメスとパンに退治された
  • フレーバーテキストはおそらくピュトンの話の原型だろう
  • デルポイの神託所を守り神託をもたらしていたが、生贄を要求していたためアポロンに退治され神託所を奪われたとされる
    • ピュトンの話はこれを元に後からできたという説がある
    • ピュトンの前の番人がデルピュネーという説もある。この説ではデルポイの地名はデルピュネーから取られており、元は神託所で信仰されていた女神とされる


コメント

名前:
コメント: