基礎知識

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


モンスターカード詳細

①モンスター名

モンスターの名前です。「呼称」より変更できます。

②種族名

種族の名前になります。

③グレード

基本値と個体値の割合に応じて、◇や☆で表されたグレードが表示されます。
グレード

④アイコン

ファミリーを表すアイコンになります。
ファミリー

⑤Lv&Exp

Lv(レベル)とExp(経験値)が表示されます。
レベルが高いほどモンスターは強くなっていきます。

⑥カードイラスト

モンスターの外見です。
また、枠の色はレアリティ、枠のデザインはファミリーを表します。
レアリティ
ファミリー

⑦フレーバーテキスト

モンスターの雰囲気や出典などが書かれています。

⑧ステータス

HP 体力。0になると戦闘不能になる
攻撃 主に物理系攻撃の威力が増す
魔力 主に魔法系攻撃の威力が増す
防御 ダメージを軽減する
命中 攻撃の当てやすさ
敏捷 行動の速さ、攻撃の回避しやすさ
耐性 特定の攻撃への抵抗力
アビリティ 戦闘時に発動する特殊能力
タイプ タイプ強化/限定スキル・アビリティ等で使用
真ん中に表示されている値が戦闘の際に参照されます。
「(基本値+個体値)×レベル補正」の数値になります。
詳細は下記■ステータスにて

⑨アビリティ

戦闘時に効果を発揮するモンスター固有の特殊能力です。
2〜3個所持しており、変えることはできません。
詳細は下記のページで
状態異常&アビリティ

⑩作戦

スキルを使用するか、その順番はどうするかを指定することができます。
詳細は下記のページで
スキル解説

⑪担当コンパニオン

モンスターには一体につき一人、コンパニオンを担当させることが出来ます。
付け方はパーティー編成にて

⑫その他コマンド

強化

合成を行います。
詳細は下記のページで
合成

作戦

スキルを使用するか、どういう順番で使うかを指定できます。
詳細は下記のページで
作戦指示

交代

モンスターを交代することができます。
詳細は下記のページで
パーティー編成

呼称

モンスターの呼称を変更することができます。

保護

モンスターを合成の素材にしたり、売却やバザーに出品したりできなくします。
間違えてモンスターを失うことを防ぐためのコマンドです。

バザーで検索

モンスターと同じ種族を検索します。

戻る

前のページに戻ります。

知識

■ファミリー

モンスターは大きく『妖精』『魔獣』『外来』の3種類に分けれられます。
これを『ファミリー』と呼びます。
ファミリーはカードの枠のデザインによって見分けることができます。
枠デザイン ファミリー 特徴(※例外あり)
パラメータ 耐性 通常攻撃
妖精
魔力が高い
敏捷が高い
HPが低い
睡眠を50%防御
魅了を70%防御
(炎熱/冷気属性に強い/弱いモンスターも)
中距離射程
炎熱/冷気属性
魔獣
攻撃が高い
防御が高い
命中が低い
虚軸属性に強い
眩暈を100%防御
睡眠を50%防御
恐怖を70%防御
(炎熱/冷気属性に強い/弱いモンスターも)
近距離射程
物理属性
外来
HPが高い
命中が高い
敏捷が低い
炎熱/冷気属性に強い
石化を100%防御
魅了を100%防御
恐怖を100%防御
遠距離射程
虚軸属性
魔獣→外来→妖精→魔獣→・・・ という三すくみの関係

■レアリティ

カードにはブロンズ(B)、シルバー(S)、ゴールド(G)、プラチナ(P)の4つの『レアリティ』があり、
カード枠の色によって区別することができます。
レアリティ 枠の色 成長限界 Lvの上げやすさ 属性耐性 LvMAX時の
ステータス
増加率
ブロンズ(銅) MAX Lv 30 レベルアップしやすい









レベルアップしにくい
小さい









大きい
2倍
シルバー(銀) MAX Lv 50 2.5倍
ゴールド(金) MAX Lv 70 3倍
プラチナ(白金) MAX Lv 90 3.5倍
※モンスターのレアリティが高くなるほどレベルアップに必要なExpも増えていきます。(経験値テーブル)
※レベル上限に達したブロンズまたはシルバーのモンスターに限り、レアリティを1段階上げることが出来ます。
(課金アイテム「セラエノ断章」が必要)
※ステータス増加率はLv1とLv最高時を比べたときのものであり、HPは適用されません。
※HPの増加率は√を使用する。ブロンズなら√2倍です。

■ステータス

※グレード

個体値の割合に応じて、◇や☆で表されたグレードが表示されます。
グレードが高い方が強い、とは限りませんが、だいたいの目安になります。
また、グレードに応じてモンスターカードの背景が変わります。
カード背景 グレード 個体値
C 個体値 低





個体値 高
CC
CCC
B
BB
BBB
A
AA
AAA
SSS

※個体値、基本値とは?

ステータスの後ろにある括弧()の中の数値は個体値と呼ばれ、
標準のモンスターよりもステータスがどれだけ優れているかを表しています。

※標準のモンスターの値は基本値と呼ばれ、
メニュー→アルバム→モンスターのステータス画面で確認できます。
(本wikiのモンスターリストでも確認可)

※個体値は「同種合成」を行うことで上昇させていくことが出来ます。
(ただしベースよりも高い個体値を持つモンスターを素材にしたときのみ)

■種族・亜種

同じモンスターでも少し外見の異なる個体が存在します。これを『亜種』といいます。
『亜種』の方が基本能力値が高く『レアリティ』も高くなっています。
『亜種』も含めて同じ種族です。
例)ファリシー
原種 亜種1 亜種2
レアリティ:ブロンズ レアリティ:シルバー
基本能力 全能力が平均的にUP 魔力・敏捷が大きくUP
※すべてのモンスターに2種類の亜種が存在し、それぞれ強化される能力値が異なります。
 本Wikiではそれぞれ亜種1、亜種2と表記しています。
 亜種1は全ての能力が平均的に強化、亜種2は特定の能力だけ大きく強化される傾向にあります。
※原種がプラチナのモンスターの場合は、亜種もプラチナですが原種と比べて耐性が大きくなります。
※他にも「A(適応)型、E(発達)型」「平均型、特化型」といった呼び方も。

また、「ゴブリン」と「ゴブリンキング」(種族名ゴブリン)、
「ショゴス」と「プチショゴス」(種族名ショゴス)
といった具合に、同じ種族でもステータスやカードイラストが大きく異なるモンスターもいます。

■属性

スキルには4つの属性があり、属性毎に特徴があります。
また、モンスターの属性適正値によって一致する属性のスキルの威力が増加します。
適正値100で威力が100%アップします。
属性 特徴 クリティカル 反射 封技/封術 関連アビリティ
物理 ソースによる威力上昇度が大きいが
相手の防御力による軽減も大きい
有り 反射できない 封技で威力減少 技法でリキャスト-1
虚軸 防御力と関係なく安定したダメージが出るが
ソースによる威力上昇も少ない
無し 虚心でリキャスト-1
炎熱/冷気 ソースに対して威力が低めだが
防御力の影響を受けにくい
反射できる 封術で威力減少 術式でリキャスト-1
※ソース・・・威力が依存するステータス
※この属性ごとの特徴は、スキルだけでなく通常攻撃にも該当します。
 例)妖精の通常攻撃は炎熱or冷気属性なので反射可能

■適正・耐性

モンスターにはもともと耐性を持つものがいます。
モンスターの耐性はステータス画面にて確認できます。
元から適性を持つモンスターは現時点では存在しません(2014年2月)
炎熱攻撃を30%防御、冷気攻撃を30%増しに受ける。
睡眠を50%防御、魅了を70%防御 という意味です。
ファミリーやモンスターごとに設定されています。
また通常攻撃にも属性は設定されており、ファミリーによって異なります。
妖精には通常攻撃が炎熱攻撃と冷気攻撃の2種類いますが、それぞれ適性を持っているわけではないため、炎熱攻撃のモンスターが炎熱スキルを使ったほうが威力が高くなる、というわけではありません。
現時点では適正を上げるためにはモンスターやコンパニオンのスキルを使用する以外にありません(2014年2月)。

コメント

  • このページにアップロードされていて使用されていない画像一覧【apend.jpg grade_1.png~grade_10.png help_basic7.jpg kotaiti.jpg koteiti.jpg】 -- 名無しさん (2014-02-09 17:17:21)
  • 間違っていたので訂正【apend.jpg grade_1.png~grade_10.png help_basic1.jpg help_basic2.jpg help_basic8.jpg kotaiti.jpg koteiti.jpg】 -- 名無しさん (2014-02-13 23:03:34)
名前:
コメント: