ノフ=ケー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

麻布の右の方が小さく膨らんでいるのは、ノフ=ケーの鋭い角のせいではないだろうか。
それは氷原に棲む毛むくじゃらの神話的存在で、時には二本足で歩き、また時には四本足で、あるいは六本足で歩くこともあった。
――H.P. Lovecraft "The Horror In the Museum"


ステータス

※個体値0のステータスを表記しています。

No ファミリー モンスター名 種族 タイプ アビリティ スキル
156 外来 ノフ=ケー - - 技法
連携
スキュアー
雪煙(潜在)
カード 原/亜 レア レベル HP 攻撃 魔力 防御 命中 敏捷 属性耐性 状態耐性
156_gnoph-keh_0g1.jpg 原種 Lv.1 2300 500 200 900 700 400 炎耐性10
冷耐性10
石化耐性10
魅了耐性10
恐怖耐性10
Lv.30 3252 1000 400 1800 1400 800
156_gnoph-keh_1g1.jpg 亜種1 Lv.1 2400 700 300 1000 800 500 炎耐性20
冷耐性20
Lv.50
156_gnoph-keh_2g1.jpg 亜種2 Lv.1 2400 800 200 900 900 400
Lv.50 3794 2000 500 2250 2250 1000

Illustrated by dys



入手方法



備考

  • 『博物館の恐怖』で言及される、グリーンランドに生息するとされる生物である。→wiki
  • 和訳では「グノフケー」と表記されることのほうが多い。北極圏に存在した古代文明ロマールを滅ぼしたとされる
    • 『北極星』ではロマールを滅ぼしたのはイヌート族とされ、グノフケー族はロマール人が氷河から逃れ南下した際に立ち塞がったが撃破されたとしている
  • また『暗黒の儀式』にラーン=テゴスと同一の「Gnoph-Hek」という神性が登場する。
    • リン・カーター著『クトゥルフ神話の神々』ではラーン=テゴスの顕現の一つとし、イヌート族を率いてロマールを滅ぼしたと解釈している
  • フレーバーテキストは友人との賭けで蝋人形の博物館に一人残った主人公が嫌な想像を巡らしている時の独白であり、ノフ=ケーが出てくるわけではない
    • というか歴史上の存在としての言及ばかりで、グノフケーないしノフ=ケーという生き物が登場することは皆無である

出典



コメント


名前:
コメント: