実践


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




実践

■パーティの編成

パーティの4体のモンスターの内、2体は前衛、2体は後衛となります。
マイページ上の左2体が前衛、右2体が後衛となります。
モンスターが使用するスキルには射程があり、配置によっては攻撃が届かなくなるので配置には注意が必要です。
戦闘中、前衛が全滅すると後衛は自動的に前衛に繰り上がります。
※注意点:魔獣を後衛に配置すると通常攻撃が届きません。
(魔獣の通常攻撃は近距離射程であるため)
詳細はパーティー編成

■スキルの設定

モンスターは作戦を設定することで、使用するスキルを変えたり、使用する順序を変更したりできます。
スキルにはそれぞれリキャストタイムがあり、一度使用するとリキャストタイム(ターン数)を過ぎるまで再使用できません。
モンスターは各ターンで使用可能なスキルの内、作戦の優先順序に従って使用するスキルを決定します。
※作戦の設定を行わない限りモンスターはスキルを使用せず、通常攻撃を繰り返すだけになってしまいます。

モンスターが何ターン目にどのスキルを使用するかは、下記3点の内容を元に 戦闘開始時 に決定されます。
  • 作戦で設定した優先度
  • 使用するスキルのリキャスト
  • アビリティ技法/術式/虚軸の有無

例)
モンスター : スキュラ(アビリティ術式持ち)で、作戦を表(1)のように設定した場合
実際には表(2)の通りにスキルを使用します。

表(1)
優先度 スキル名 属性 リキャスト 再使用可能ターン
1 氷の刻印 冷気 99 (術式により98) 1,99,...
2 ヒーリング 虚軸 6 2,8,...
3 アイスランス 冷気 6 (術式により5) 3,8,...
4 ウィンドボルト 物理 4 4,8,...
5 (なし) - リキャスト:- -

表(2)
ターン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
使用スキル 氷の刻印 ヒーリング アイスランス ウィンドボルト 攻撃 攻撃 攻撃 ヒーリング アイスランス ウィンドボルト

8ターン目にヒーリング、アイスランス、ウィンドボルトがそれぞれ再使用可能になりますが
作戦による優先度のため、まずはヒーリングが使用されます。
(アイスランス、ウィンドボルトはその後の9,10ターンで使用。)

※ヒーリングとアイスランスの優先度を逆にした場合は、スキルの順番は下表(3)のようになります。

表(3)
ターン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
使用スキル 氷の刻印 アイスランス ヒーリング ウィンドボルト 攻撃 攻撃 アイスランス ウィンドボルト ヒーリング 攻撃

注意点
スキルの使用順番は戦闘開始時に決定&固定されるようで
表(3)の例で挙げると、石化や睡眠などで3ターン目のヒーリングが使用不可となった場合、4ターン目にずれることはありません。
ヒーリングはスキップされ、4ターン目はウィンドボルトを使用します。ヒーリングは9ターン目まで待たなければなりません。

姑獲鳥の燐火(リキャスト1)を優先度1に設定すると毎ターン使用することになるため、他のスキルが使用されなくなってしまいます。
(ヒートウェーブ+術式、メガリス+技法などでも、この現象は起きます)


コメント


名前:
コメント: