元ネタまとめ(モンスター以外)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


スキル

クトゥルフ神話

伝承

日本

中国

インド

ケルト神話

アイテム

エルダーサイン

  • 旧神の印とも。
  • 当ゲーム含め中央に目が描かれた五芒星として描写されることが多い。
  • 魔除けの道具としてよく登場するが、ビヤーキーには効果が無いようだ。逆にディープワンに対しては相当な効果がある
  • 登場:『永劫の探求』など

アルハザードのランプ


銀の鍵

  • 連なる時空の門を開くことができる。幻夢郷へ入る能力を失ったランドルフ・カーターが使用した。→wiki
  • 登場:『銀の鍵』『銀の鍵の門を越えて』

黄金の蜂蜜酒

  • ビヤーキーを召喚する際に飲むもの。人間が飲むものであるためコンパニオンに関係するアイテムとなったのであろう
  • 召喚されたビヤーキーは召喚者を望む場所へ光速で連れて行ってくれる。黄金の蜂蜜酒はこの際の衝撃その他諸々から肉体を守るためのも
  • 登場:『永劫の探求』

セラエノ断章

  • プレアデス星団の恒星セラエノにある大図書館の中にあった破損した石版をシュリュズベリイ博士が英訳した物。→wiki
  • 登場:『永劫の探求』など

レメゲトンの書架

  • レメゲトンとは、悪魔などを使役する方法を記した魔導書。『ソロモンの小さな鍵』とも

ショップ

トラペゾヘドロン

  • 単語自体は、結晶学の偏方二十四面体、ないし数学のねじれ双角錐を意味する言葉
  • クトゥルフのものは輝くトラペゾヘドロンと呼ばれるアーティファクト
  • 本体である輝く黒い多面体と、それを収める金属製の小箱からなる。多面体はほぼ球形とされることから、結晶学的な意味での「トラペゾヘドロン」と思われる
  • これを見つめることで闇をさまようものを召喚できる 従属させられるとは言っていない
  • 登場:『闇をさまようもの』など

るる家 -Ruruya-

  • おそらくルルイエをもじったもの。死せるクトゥルフ(クトゥルー)が眠る。
  • 海底に沈んでいる場所であるが、星辰が正しい位置についたときに浮上すると伝えられている。
  • また、ルルイエ異本というルルイエの名を冠した魔導書も。
  • エルダーサインでの呼び名は「るるや」。あえての"ハズシ"か。
  • 登場:『クトゥルーの呼び声』 など

クエスト等

ジャスト11『バスカールの魔犬』


イベント

ハギスハント

  • イギリスで年末に行われているイベント
  • 日本で言うところでのツチノコ捜索みたいなもので、捕って喰おうというわけではない

乾坤震撼の刻


月影の来訪者

  • かぐや姫の5つの難題から来ている
  • 『光る石』が「仏の御石の鉢」(ダイアモンドで出来ているという)、『金の草』が「蓬莱の玉の枝」、『炎の蜥蜴』は「火鼠の裘」、『怒れる龍』が「龍の首の珠」、『幻の卵』が「燕の産んだ子安貝」に対応する

未確認生物来襲 ~レイン川に恐怖の巨大ワームを見た!!~


ショゴスハント!

  • "もし、あのショゴスが記憶すら模倣できるというのであれば今頃は別の所で――。"というのは、スワンプマンの思考実験が元だろう
  • このイベント風に言い換えるならば、記憶までも完璧に模倣したショゴスならばそれは元のクレスタそのものではないか、といったところか
    • もっとも、スワンプマンの思考実験では原子レベルで元と同一であるが、このイベントのショゴスは死亡したらショゴスに戻るあたり完璧なスワンプマンではない

競い合う月兎

  • いろんな国の習わしをまとめて一気にやっちゃおう!っていう節操のないイベント
  • "パイのような菓子の山"は…不明。情報求む。時期のずれる春節っぽいのがあるあたり、案外ハロウィンだったり?
  • "丸くて白いものをピラミッド状に積み上げたもの"は言うまでもなく月見団子
  • "箒のような野草を挿した花瓶"、"ふさふさした枯草"はもちろんススキのことだろう
  • "様々な装飾のランタン"は中国の旧正月の祭り、春節か?時期が大きくずれるが…
  • "赤い頭の獅子の着ぐるみ"は獅子舞か。
  • "7つの花を揃えて愛でる習わし"は秋の七草。春とは違い食べたりはしない。
    • 女郎花、ススキ、桔梗、なでしこ、フジバカマ、葛、萩の7つ。今回は葛(プエラリアの花)収集がクエストの目的
    • プエラリアは造語ではなく、タイ北部やミャンマーの山岳地などに自生するマメ科クズ属の植物

NPC(ネタバレになるものは反転)

アルラ

+ 以下正体についての解説

双子

+ 以下正体についての解説

その他

星辰の院

  • 星辰とは星ないし星座のこと。星辰が正しい位置に来ると、ルルイエが浮上したり旧支配者が開放されたりする
  • 説明文中のネフレン=カとは、歴史から抹殺されたとされる古代エジプトのファラオ。ナイアーラトテップの狂信者であり予言の力をもつ


コメント

名前:
コメント: