ラプラスケルガイスト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その知性にとって、不確かなことは何一つ存在しない。
未来は過去と同様、その目の前に見えているだろう。
――P.S.Laplace "A Philosophical Essay on Probabilities"

ステータス

※個体値0のステータスを表記しています。

No ファミリー モンスター名 種族 タイプ アビリティ スキル
194 外来 ラプラスケルガイスト - - 幻影
神眼
マクスウェルの悪魔
ラプラスの眼(潜在)
カード 原/亜 レア レベル HP 攻撃 魔力 防御 命中 敏捷 属性耐性 状態耐性
194_laplacescher-geist_0g1.jpg 原種 Lv.1 2800 100 600 400 3200 100 炎耐性30
冷耐性30
石化耐性10
魅了耐性10
恐怖耐性10
Lv.70 4849 300 1800 1200 9600 300
194_laplacescher-geist_1g1.jpg 亜種1 白金 Lv.1 2900 200 700 600 3300 200 炎耐性40
冷耐性40
Lv.90 5425 700 2450 2100 11550 700
194_laplacescher-geist_2g1.jpg 亜種2 白金 Lv.1 3000 100 700 400 3500 100
Lv.90 5613 350 2450 1400 12250 350

Illustrated by


入手方法


備考

  • いわゆるラプラスの悪魔。正確にはその前進である"ラプラスの霊"のこと
  • フランスの数学者ピエール=シモン・ラプラスによって提唱された、古典物理学の終着点とも言える概念
    • その内容は、すべての原子の位置と運動量を知る"知性"は未来は完璧に予測できるというもの。後にこの"知性"をエミール・デュ・ボワ=レーモンが「ラプラスの霊(Laplacescher Geist)」と呼び、それが広がっていく中で「ラプラスの悪魔」と呼ばれるようになった
    • スキルラプラスの眼はおそらくこの"知性"の"視点"のことを言っているのだろう
  • 現在の量子力学では、原子の位置と運動量の両方を正確に知ることは原理的に不可能とされているため、すでに過去のものとされる
  • スキルマクスウェルの悪魔も前提はかなりちかい。
    • 詳しい内容及び解決法はwikiを参照。簡単にいえば、分子を観察できる"存在"は、エネルギーを使うことなく熱量を操作できるのではないかと言うもの。もし可能であれば熱力学第二法則が崩れることになる


コメント

名前:
コメント: