アラクネー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

女神はそう言って、ヘカテーの草汁を振り撒いた。
アラクネーの髪は全て抜け落ち、しなやかな手足は長く薄い複数の脚となり、腹部は糸を吐くために膨らんだ。
それ以来ずっと、アラクネーは蜘蛛として糸を織っている。
――Ovid "Metamorphoses"

ステータス

※個体値0のステータスを表記しています。

No ファミリー モンスター名 種族 タイプ アビリティ スキル
171 妖精 アラクネー - 妖女 反射
耐恐怖
ブラックワーク
リワインド(潜在)
カード 原/亜 レア レベル HP 攻撃 魔力 防御 命中 敏捷 属性耐性 状態耐性
原種 Lv.1 2500 600 800 900 1000 200 - 睡眠耐性5
魅了耐性7
Lv.50 3952 1500 2000 2250 2500 500
亜種1 Lv.1 2600 700 900 1000 1200 300
Lv.70 4503 2100 2700 3000 3600 900
亜種2 Lv.1 2500 600 1100 900 1100 400
Lv.70 4330 1800 3300 2700 3300 1200

Illustrated by


入手方法


備考

  • ギリシア神話に登場する元女性→wiki
  • 極めて腕の良い織手であり、その技術はアテーナーを凌ぐと豪語するほど
  • 諌めるためにアテナと織物勝負をした際も、アテナ自信が認めるほど非の打ち所がない織物を仕上げたが、題材が極めて不敬であったために神の怒りを買った
  • アテナはアラクネーの織り機と織物を破壊し、頭を殴打した。恥じたアラクネーは首吊り自殺をしたが、アテナが蜘蛛に転生させた
    • wikiではこの説をとっているが、キレたアテナが織物を破壊した後そのままアラクネーを蜘蛛に変えたという説もある
  • なお、ヘカテーの草はトリカブトのこと。ヘカテーは死の女神


コメント

名前:
コメント: