大体管理人の偏見です。

+物語前半(ゲームスタート~旧ミザン城)
ピクシー
序盤の回復役。ヒーリングは非常に重宝する。但しPVNRシルフが仲間に加わり
ハイヒールを使えるようになるとただのお荷物と化す。
それ以降も使い続けるなら、並々ならぬ愛が必要。

スケルトン
序盤に登場。捕獲しやすく、攻撃力も高い。初心者にも扱いやすい。物語前半はかなり活躍してくれる。
ただ物語後半にカワンチャが登場するようになると、能力的に見劣りしてしまう。
尚、スケルトンからカワンチャに変化が可能。

PVNR
序盤にサマユの塔で出現。HPが高く、回復魔法を多く覚える。終盤まで使えるため、ぜひとも捕獲したいモンスターの一匹。PVNXに変化できるが、ストーリー攻略に使うにはPVNRの方が使いやすいとの声が多い。

エルフ
レア度が低い割に活躍してくれる。闇の魔水晶を手に入れてLvを24~39の間で宝玉合成をすることでルサールカに進化できる。
この時、ワルキューレに変化できない星座もあるので注意すること。詳細はルサールカ参照。

シルフ
ハイヒールサイコマを覚え、攻撃にも回復にも使えるが、基本は回復役のほうが使いやすい。
宝石合成でメガヒールを使えるようになるが、LV88まで育てると更に強力な天使の詩を習得するので
弱いかもしれないが是非愛を持って育てたい。

ウィンディーネ
全体的に強く、終盤でかなり使える。宝玉合成でギガヒールを覚えさせると強い。
ただし、晩成のため、レベルの低いうちは使いづらい。
また裏に入ると回復力に乏しくなるので、裏で使うなら攻撃に転じたほうがいい。

ジャック
シャインを覚えられる(Lv12)。暗海の神殿を攻略するときは連れて行くとよい。
但し、戦力を考えるなら火焔野猿のほうが強い。

火焔野猿
この魔物もシャインを覚えられる(Lv18)。戦力もそれなりにあるので
シャインだけでなく戦力も考えるならジャックよりこちらにすべきだろう。

ウィスプ
ブレイズをLv1で覚えており、オケアノス戦で活躍が期待できる。Lv28で覚えるメガフレアがあればなおよい。
同じ炎系の魔法が使えるカークスが一緒に居ればオケアノス戦では鬼に金棒だ。
尚、ウィスプをムネーンに変化させることも可能。

バーグラ
早熟型で、HPと体力以外はどの値も高水準。イレイザーカウンターアタック、宝玉合成次第では双連撃闘拳烈波も習得可能。ただし、双連撃と闘拳烈波は両立不可。

ルサールカ
エルフを進化させることで入手できる。全体的に能力が高く、早熟型のため、表ではかなり活躍できる。ワルキューレに変化させるためにはLvが44or48で一度上位宝石(金剛石等)を合成させた後にアンバーを合成させると変化できるが、星座によっては変化できないのもあるので注意したい。
※以下の星座の場合はワルキューレに変化できない。ワルキューレに変化させたい場合、それ以外の星座にしておくこと。
牡羊座、射手座、天秤座、双子座、水瓶座、獅子座

ニンジャ
素早く、イレイザーが習得可能なので頼りになる。

天鈿女命
サプリマをLv30で覚えられるので便利。宝玉合成次第ではフレッシュ要員にもなれる。ただ、MPがほかのサプリマ要員と比べて低く、出現率も低く、レア度がAなので運が悪いとなかなか捕まらない。

+物語後半(ボルゴ火山洞~ゲームクリア)
カワンチャ
攻撃力が高い。扱いやすく、戦士系としては能力がかなり上。レベルアップでカウンターアタックが習得可能。クリアまで普通に使える優秀なモンスター。直接仲間に出来る上、スケルトンからの変化でも入手出来る。
但し、裏に入るとクーフーリンに逆転を許してしまう。

カークス
ウィスプ同様炎系の魔法を使えるのでオケアノス戦で頼りになる。
是非ともオケアノス戦ではウイスプと一緒にパーティに入れて挑もう。
また、魔法だけでなく物理攻撃でもそこそこ使える。

ネコマタ
早熟型で、散花の剣舞、宝玉合成でイレイザーを習得可能なため、心強い味方になる。ただし、レア度がSなため捕まえづらいのが難点。
また最終的なステータスが低いので裏での活躍は難しい。

八咫烏
素早く、サイコマを覚えるので、雑魚敵狩りに重宝する。
攻略掲示板においてホルスに変化できるとの報告あり。

コフィン
素早く、知力が高く、サイコマを覚える。トラエリア要員にもなる。また、宝玉合成次第でサプリマも習得可能。ただし、HPが低いため、ボス戦には不向き。

アサシン
イレイザー要員となる。バーグラと同じように、早熟型でHPや体力を除くとすべてのステータスが高水準。海賊の洞窟に入れるようになることが捕獲の条件となる。また、アサシンチーフに変化させることができるが、変化させるとイレイザーを覚えなくなるので注意したい。

ワルキューレ
ルサールカを宝玉合成することで入手する。晩成型ではあるが、表クリア前でも普通に使っていけて、裏では大活躍が期待できる。宝玉合成次第で散花の剣舞鬼神の覚醒ギガヒールフレッシュを習得できる(ギガヒールとフレッシュは両立不可)。ステータスもかなり高水準。ただし、ルサールカは星座によってはワルキューレに変化できないことがあるという点と、ワルキューレに変化するとエルフ系ではなくなる点に注意したい。
ワルキューレ変化後にエルフの里で会話がしたければ、再度エルフを入手する必要がある。

フェンリル
唯一♂でチャームを覚える。特に主人公が女の時は是非とも仲間にしたい。

ラクシュミ
宝石合成でメガヒールから変化するギガヒール散花の剣舞は、どちらか択一。
ラクシュミを表だけ使う場合は、ギガヒールにして回復役に徹するのがセオリー。
但し、裏でもラクシュミを使う予定があるならメガヒールを諦めてでも散花の剣舞にすべきだろう。
なぜなら高レベルになると、回復よりも物理攻撃が役に立つ場面が多くなるからだ。
表のうちに散花の剣舞を鍛えて、裏で大活躍させよう。
またラクシュミはジャック火炎野猿が覚えるシャインよりも強力なシャイナスを覚える。(LV32)
暗海の神殿以外にも真っ暗闇なダンジョンは存在するので、そこに行く時は連れて行きたい。

+クリア後/裏
クーフーリン
表でも仲間に出来るが、実際に使えるようになるのは裏から。
カウンターアタックを覚え、宝石合成次第では双連撃も覚える。
カウンターアタックからの双連撃は非常に強力。

サティ
MPや知力が非常に高く、サイコマサプリマを覚える。
サティよりもMPが高いモンスターはいるものの、癖がありすぎて活躍に乏しいので
現実的に使えるモンスターとしては、サティが最もMPが高い。
あまりにも低いHPと防御力、そして運のなさ、光属性に弱いという欠点はあるが
それらの欠点は装備やドーピング等で、ある程度は補うことが出来る。
だが、その欠点を差し引いても強力な攻撃魔法は魅力だろう。
表でも仲間に出来るが、活躍させるなら裏に入ってからのほうがいい。
尚、宝石合成次第ではサプリマが消えてしまう為、宝石合成の際は注意すること。

リリス
双連撃による物理攻撃、アトミックスパークによる魔法攻撃のどちらも強力な万能な魔物。
更に宝石合成で散花の剣舞を覚え、更にその時の星座によってはカウンターアタックも付いてくる。
但し獲得難易度がSSの為、仲間にするのは非常に難しく
仲間になったとしても星座が気に入らなかったりする可能性もある。
なので最悪の場合散花の剣舞だけでも覚えさせるつもりで仲間にするようにする事。
表でもリリスを仲間にする事自体は可能だが、本格的な活躍の場はやはり裏に入ってからだろう。

スプライト
アライヴ天使の詩を覚えるため、回復役として非常に優秀。
更にはサイコマアトミックスパークも覚える為、攻撃にも使える。
宝石合成では星座にもよるが、なるべくサイコマは消さないほうがいいだろう。
リリスと同じく獲得難易度がSSなのが悩みどころ。

ベニテング
MPが非常に高く、サプリマサプリマⅡを習得するため、最強のサプリマ要員になる。
弱点としては知力、MP以外は非常に弱いため、サプリマ要員以外に使えないこと、戦闘では使えないため育てにくいこと、育成が遅いことが挙げられる。
パーティーに余裕があるなら控え要員として育てておくと便利だろう。

ルシファー
仲間にした直後からカウンターアタックを使えて
育てると数々の強力な魔法を覚えていきLV112まで育てると、最強の回復魔法である大天使飛翔を覚える。
特にラストミミック戦において、大天使飛翔を覚えた彼がいるのといないのとでは、難易度が全然違ってくる。
宝石合成ではサイコマを諦めてでもマシルテスにした方が、より使いやすくなる。
但し、ルシファー仲間にするのは困難を極める。
まず挑戦者の神殿ルシフェルを倒さなければ出現すらしないという事。
それと、獲得難易度がSSの為、根強い根気が必要な事だ。
それを差し引いても、ルシファーは最終的に最も素晴らしい仲間となるが
闇属性に非常に弱いという弱点には気をつけたい。