※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アリーマン ゾロアスター教の神話に登場する悪の神。善の神アフラ・マズダと戦い、敗れた。ちなみに自動車メーカーのマツダの名前はアフラ・マズダのマズダからきているといわれている。
エミュー エミューという名前は鳥の一種で、オーストラリアに生息する。
ピクシー イングランド南西部の民間伝承に登場する妖精。
キーウィ エミューと同じく、鳥の一種。ニュージーランドに生息する。
ウェンディゴ インディアンたちに伝わる精霊の一種。
ノーム 大地をつかさどる妖精。
ドワーフ 小人の一種で、鍛冶などを得意としている。
ガルーダ インド神話に登場する鳥で、炎のように光り輝き、熱を発している。
ウィンディーネ 水をつかさどる妖精。
シルフ 風をつかさどる妖精。
ハーピー ハルピュイアともいう。ギリシャ神話に登場する怪物。上半身は人間の女性、翼と下半身は鳥の姿で描かれる。通常は2人だが、3人とすることもある。
ポプラ 植物の一種。樹木であり、比較的成長が早い。
ウィスプ ウィルオウィスプとは青白い光を放って浮遊する炎のことであり、それと関係があると思われる。
クーフーリン ケルト神話に登場する英雄。神と人間のハーフである。普段は美しい姿だが。戦闘が始まると恐ろしい姿になるといわれる。
天鈿女命 日本神話に登場する女神。岩戸神話で天照大神が天岩戸に姿を隠したとき、踊りを披露して他の神々の笑いを誘った。のちに天照大神は元の場所に戻り、世界は再び明るくなった。
ハイハット 楽器の一種。
フレスベルグ 北欧神話に登場する鷲の形をした巨人。
ミキストリ アステカ神話に登場する死神。武装した戦士の姿をしている。
ネコマタ 妖怪の一種。山の中に住んでいるとする場合と飼い猫がネコマタに化けるという説がある。
八咫烏 日本神話に登場する巨大なカラス。三本足であり、神武天皇が東征する際、道案内役を務めた。八咫烏はサッカー日本代表のユニフォームなどにも描かれている。
菊理媛 日本神話に登場する縁結びの神。
アルケニー ギリシア神話に登場する女性。アラクネーともいう。優秀な機織り師でアテナにもその腕前は認められるほどであったが、のちにアテナの怒りに触れて殺された。その後、アテナは彼女を蜘蛛として転生させた。
ミノタウロス ギリシャ神話に登場する怪人。雄牛とパシファエ(パシパエともいう)の間に生まれ、ミノスによって迷宮に閉じ込められた。少年、少女を生贄として食べていたが生贄の一人テセウスによって殺された。
セイレーン ギリシャ神話に登場する怪物。上半身は人間の女性、下半身は鳥の姿をしている。美しい歌声で船で航行している人を惑わし、遭難させるという。
ケットーシー ケルト神話に登場する猫の妖精。
アグニ インド神話に登場する火の神。どうやって生まれたかについては諸説ある。
和御魂 神が持っている平和的な魂。
ソーサレス 女魔術師の意。
リリス ユダヤの伝承において男児を害すると信じられていた女性の悪霊である。リリトとも表記される。