各話あらすじ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1話「召喚」
その地は冬木の地、かつて聖杯戦争が幾度か行われた場所。
そこで今、6回目の聖杯戦争が幕を開けた――


第2話「英霊」
とある廃校で第7番目のサーヴァントが召喚された頃、既に他のサーヴァントは召喚されていた…
7体目の召喚から1体目並び他のサーヴァントが召喚されたのは2週間前。
話は2週間前に遡る――


第3話「暗殺者」
主勢力となる4体のサーヴァントが召喚されてから最後のサーヴァントが召喚されるまでの2週間の間、
早くも一人のマスターが脱落していた。空白の2週間の間に何があったのか、今語られる――


第4話「まにちょーの悲願」
願っていたはずの英霊とは違った英霊を現界させてしまったキャスターのマスターのまにちょー。
ぶつぶつ文句を言うまにちょーに彼のサーヴァントである諸葛亮孔明はある提案をする――


第5話「スクール・フール」
いくら聖杯戦争に参加するマスターでも学生は学生、その事実は変わらない。
いつもどおり遅刻ギリギリの時間に登校するソウマは、通学途中で意外な人物とぶつかる――


第6話「主の生態。」
聖杯戦争にも関わらずいつもどおりの日常を過ごす赤福=アーチボルト。
そんな中、彼のサーヴァントであるバーサーカーは彼の書斎で見てはいけないものを見てしまう――


第7話「マスターVSサーヴァント」
最初の召喚から2週間経っても一向に動きを見せない聖杯戦争。
そんな中、ランサーである御坂美琴はついに敵の手がかりを掴むのだが――


第8話「使えないハサン」
言峰教会を乗っ取ることに成功し、アサシンのマスターにも成り得ることができたアモンベルス。
そんな中、敵を探りに出ていたアサシンが帰ってきて――


第9話「複雑」
セイバーとしてジャンヌダルクを召喚した原子。今まで語られなかった彼らの日常が今、語られる――


第10話「Must explode!」
各陣営のマスターやサーヴァントを始め、行動までを調べ上げて来たキャスター。
キャスターの情報を基に、策略を立てるまにちょー。聖杯戦争が、動き出す――


第11話「戦夢」
「登校中に美少女とぶつかった。あのときから、何かフラグが立つんじゃないかと思ってたんだよね。え?『どうせ何も立たなかったんだろ』だって?いやいや失礼なことを言うなよ。立派に立ちましたよ。……死亡フラグが」――by SOMA
雷鳴を放つ美少女。それに臆することなく立ち向かう青年。
SOMAの貧相な頭脳でも、理解するのは容易かった。――いよいよ、開戦の刻だと。


第12話「開戦」
開戦の予感は、聖杯戦争に身を投じた他の英霊と魔術師にも伝わった。
最初に動いたのは、名高きアーチボルト家の当主。
バーサーカー陣営のささやかな『開戦祝い』が、戦場を加速させる――!


第13話「全陣営始動」
巻かれた戦火が、聖杯を求める猛者を招く。
聖杯戦争第一戦目の舞台は、海浜公園。
槍兵が唸り弓兵が轟く戦場に、魔術師と狂戦士の陰謀が忍び寄る。
聖杯戦争、本格始動。


第14話「混乱する者達」
渦巻く戦場に、激震が走る。
突如として現れた大迷宮を前に、魔術師と英霊たち。
謎の罠に、突破口はあるのか――?
そして同時に蠢く、闇の影。
聖杯戦争全参加者の元に届いた、監督役からの報せとは――?