手順


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは手順について説明します。
大まかに流れを説明しますと、
曲を用意する→必要な部分だけ切り出す→繋げる→微調整
といったところでしょうか。
人によっては、必要な部分だけ切り出す のではなく不必要な部分を削除する人もいます。
ですがモロ個人的なことで、それだともしミスった時に大元の音源を失ってしまうことになるのでオススメ出来ません。

では細かく解説していきます。

1.
まず曲をとにかくなんでも良いので、えこでこツールにぶっこみましょう!
もうファイル形式がなんだとか良いです。Wavだろうがmp3だろうが変換しちゃいましょう。
変換の仕方は簡単です。変換したい音楽ファイルをD&Dするだけです。
設定は画像を参考にしてください。


2.
次にサウンドエンジンを起動させて変換し終わった曲を読み込ませてあげましょう。
普通に開いても良いですし、D&Dでも楽で良いと思います。
開けたら自分の使いたい部分をマウスで選択しましょう。すると画像のように色が変わるはずです。
そしたら右クリックをしてコピーをして一旦、新規作成を押して何も読み込んでいない状態にしてください。


3.
何も読み込んでいない状態になったらさっきまで青い波形があった部分を右クリックしてください。
恐らく 貼り付け が選べると思うので選んでください。これでさっき選んだ部分だけが貼り付けられるはずなので、
画像のように分かりやすい名前で分かりやすい場所に保存しましょう。
ここでは分かりやすさを求める為に Aと言う名前でデスクトップに保存しました。



2と3の作業を繰り返して自分の使いたい部分だけを一度集めます。
ここでは例として4つの部分に別けたとして説明を続けます。

4.
ここからは切り取った部分を実際に繋げていく作業です。
切り取る作業で妥協をしてしまった人は若干繋ぎ目の音の次の音が速かったり遅かったりします。
自分は1ミリ単位で微調整をしていますがそこはお好みで。
まず保存しておいたAを読み込ませます。
次にBを読み込ませますが画像のようにD&Dすると上の部分がこういう感じに切り替わるはずなので、
後につなげる
を選んでOKを押してください。多分Aの次にBがくっつけられているはずです。




4の作業を同じように繰り返して全てをくっつけてみてください。
後は全体を通して聴いてみて不自然な部分を修正していってください。