エピソード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パカがイギリス南西端の街に一番始めに現れた事から、 彼はアイルランド人である、という説と、 フランスから渡って来たヨーロッパ人である、という説がある。 後者の中には、彼がピロシキを好んで食べていた事から、 クリミア戦争後の不安定なロシアから逃れてきたロシア人なのではないか?という説もあるが、 パカはピロシキが好きな理由を「名前がかわいいから。」 と述べており、飼い猫のうちの1匹にも「ピロシキ」と名付けているが、 それ以外に特にロシア語を使った記録はなく、ロシア人かどうかの確証はない。

どちらにしろ、パカは過去については一切語らない事で有名であり、 死ぬまで自らの出生について語らなかったという。 そのかたくなな態度から、どこかの国の王族の隠し子なのではないか? という説があり、現在ではこれが最も有力な説である。 特に初期のパカは数多くの発明を続けるだけの資金をなぜ持っていたのか不明であり、 出生について語らない代わりに、親族から資金の援助を受けていたと考えると、 つじつまが合うのである。


ちなみに彼の年齢に関しては、 古書店にいらない漫画を売る際に彼が提示した身分証を見た店主が、 その写しを新聞社に売却した事により広く知られる事となった。 その際彼は「FUCK OFF!!!」とその古書店を名指しで批判し、 これが「BOOK OFF」のルーツになったとも言われている。