Buffalo

ブラヴァドのマーケティング部門は消費者に必要なものを心得ています。
肥大化し過ぎたエレクトロニックダンスミュージック世代向けに、
1960年代のマッスルカーを復活させました。
これはアグレッシブなドライバー向けのアグレッシブな1台です。

概要

車体:セダン
分類:スポーツカー
会社:BRAVADO
和音:バッファロー
ドア:4枚
駆動:FR
実車:ダッジ・チャージャーSRT8
日本訳:水牛

解説

吊り上ったライトとアーチを描くピラー、マッスルカーらしいボディワークが印象的な4ドアのモダンマッスルセダン。
Police Cruiser(Buffalo)FIB Emergencyのベースモデルであるが、第三者であるこれらと違い、エアロパーツのようなものがデフォルトで装着されている。

主人公の一人、フランクリンが使用しているBuffalo Sはこの車の次期モデルである。

出現率は比較的高く、またスポーツカーに分類されているように非常にパワフルで力強い性能が魅力的。
序盤に限らず、終盤までオールマイティに使える頼れる相棒じゃないだろうか。
4ドアの4人乗り、というのも非常にポイントが高く、カスタマイズパーツも用意されている。
それだけの性能でありながら改造費用がセダンと同じというのもポイントが高く非常に万能である。
オンラインではランクの低いうちはこの車を愛車に選ぶのが良いだろう。

「Buffalo」の名前はGTA:SAが初出。だが、その当時はホンダ・インテグラやダッジ・デイトナ等をモデルにした2ドアクーペだった。
ただし、性能が非常に安定しており、非常に使いやすいスポーツカーであったのは事実である。

GTA4ではFIB Buffaloとして登場。ベースモデルの登場はなかったが、TBOGTにて晴れてベースモデルであるこの車両が登場した。
残念ながらTBOGTの時の勇ましいエンジンサウンドとアフターファイアは鳴りを潜め、今作では標準的なスポーツセダンと言った性能とエンジンサウンドを奏でるのだが、デフォルトで装着されているエアロがそれを邪魔する始末になってしまっている。

なお、カスタム前後バンパー・スカートから標準バンパー・スカートに戻す際に、稀に標準バンパーのエアロが外れ、Police Cruiser(Buffalo)FIB Emergencyのようなスタイリングになる。
ただしマフラー等は標準車のもののままなので、非常におかしな格好になる。
このバグを故意に発生させ、そのスタイルを維持するには以下の手順を踏む。

1:スカートの項目でカスタムスカートを購入し装着。カーソルを素早く動かし(スティックを倒すとよい)スカートが消えたら標準スカートを装着させる
2:バンパーの項目でカスタムリアバンパーを購入し装着。十字キーを使いカーソルを上下に動かし、リアバンパーのエアロが取れた時点で標準バンパーを選択
3:リアバンパーと同じ手順でフロントバンパーも行う。エアロが装着されてしまった場合1からやり直す。

この手順を行うことでエアロレスのFIB Emergencyルックのバッファローを作成することができる。元ネタのチャージャー風にするもよし、覆面パトカー風にしてFIBごっこをするのもよしだろう。

実車

ダッジ・チャージャーSRT8