※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Cognoscenti Cabrio

コグカブリオは性能と優雅さを両立させた高級車の最高峰で、おのずからこう主張しているようです。
「オレは金もあるけど、趣味も悪くない」
「素性の分からない相手に、安全でないウェブサイトから185,000ドル送金しても平気」
「父さんはボクのこと認めてくれなかったけど、ここまで成り上がってみせたよ」などなど。

概要

車体:LEXURYクーペ
分類:クーペ
会社:ENUS
和音:コノシェンティ カブリオ (コグノスセンティ カブリオ)
ドア:2枚
駆動:FR
実車:ベントレー・コンチネンタルGT

性能

重量:
最高速:
加速:
ギア:

解説

高級感あふれる2灯式ヘッドライト、ふっくらとしたゆとりのあるボディなど高級感溢れるLEXURYクーペ。
高級自動車メーカーENUSが製造するクーペで街中でこの車両の広告を目にすることもある。

「Cabrio」の名の通り、この車両は9Fなどと同じように可動式の屋根を持つ。ネット上では「コグカブリオ」との愛称を持つ。

改造パーツは存在しないがデフォルト状態でエアロが取り付けられている。
しかしながらこのエアロはあまり質が良くないのか下品な物でコグカブリオの高級感を損ねる原因の一つとなってしまっている。
良くも悪くもこのエアロは外せないのでエアロを活かしたペイントかエアロを隠すようなペイントのどちらかを強いられることになっている。

性能は比較的良好だがこれより性能の良い車が多く存在する為物好きでもない限りこの車を乗ることはないだろう。
クーペカテゴリーではOracleF620が幅を利かせてしまっていることを考えるとなおさらである。

レアモデルではないが街中に通常出現することはなく、ネットで185,000$で購入するかミッションなどで登場するのを頂く以外入手方法はない。

レジェンダリーモーターの「父さんはボクのこと認めてくれなかったけど、ここまで成り上がってみせたよ」という説明から察するにこの車はお金持ちをアピールするのに最適な車両という事なのかもしれない。

前作GTA4ではベントレー・フライングスパーをモデルにしたこの車両の4ドアリムジンバージョン「Cognoscenti」が存在した。
前作では何かと出番は多かったが、今作では冷遇されているのか、出番は少ない。
とは言ってもデビンの秘書のモリーはじめパパラッチのポピー・ミッシェルが使用しているのでコノシェンティはアメリカの著名人たちには人気なのだろう。

特別仕様

モリー

  • デビンの弁護士であるモリーの愛車。紅色のボディが特徴的。ミッション「ファイナル・カット」にて登場。格納庫へと逃げる彼女を見届けた後、この車に乗り込みミッションを遂行するだけである。
彼女には気の毒ではあるが貰っておこう。

Poppy

  • フランクリンの不審者ミッション「パパラッチ・メルトダウン」に出現。カラーはピンクでチューニング済み。
彼女をしばらく追いかけると木に衝突して警察に逮捕される。その際に写メを撮影するとミッションクリア。その後
警察が撤収するのでその時に普通に乗って帰れる。

実車

ベントレー・コンチネンタルGT