※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Valkyrie

軍事物のアクション映画に精通している方なら、一目でそれとわかる「ワルキューレ」は、
バインウッドでジャック・ハウィッツアーよりもその名に信用があります。
1960年代の戦争当時から残る数少ない乗り物の1つで、アメリカ政府は今なお積極的に予算を投じています。

概要

車体:攻撃ヘリコプター
分類:ヘリコプター
会社:BUCKINGHAM
和音:ワルキューレ/ヴァルキリー
ドア:2枚
実車:UH-1Y ベノムUH-1 イロコイ(ヒューイ)

性能

重量:
最高速:
加速:

解説

「強盗アップデート」にて追加された武装ヘリ。
ヒューメイン強盗で使用するヘリコプターであり、所有はMerryweatherの機体。
モデルとなったUH-1がAnnihilatorのモデルである、UH-60 ブラックホークとの置き換えが進んでいるのを考えると、退役した軍の機体をMerryweatherが買い取っているのだろう。

価格は$2,850,000と、どういうわけかSavageより$900,000も高く設定されている。

このヘリはいわゆるガンシップであり、Savageが1人で攻撃が出来るガンシップに対し、このヘリはフレンドなどと協力し最低でも2人以上が搭乗することで初めて攻撃が可能となるヘリコプターである。
その威力はかなり高く、副操縦席からの攻撃が出来る大口径の機関砲とサイドには2連のM134 ミニガンが備え付けられており、4人搭乗した時には高威力を発揮。制空権を掌握できる。
機関砲には榴弾が使用されており、連射こそできないが高威力。逆にミニガンは威力はそこそこ、連射性と射程がかなりある。状況に応じて使い分けて行こう。

強盗ミッション内ではかなりの耐久力を有しており、Buzzardのロケット弾などにも数発耐えるなどかなり固い印象を受けるが、フリーモードやその他クリエイターで配置したこの機体は他のヘリコプターと同じく、爆発物1つで簡単に爆散してしまう。
その為、いざフリーモードでこのヘリコプターを買ってがっかりした人も多いのではないだろか。

ヘリの機首にノーズアートが描かれており、白いスペードマークと「Come and take it」「Miss Zancudo」と2種類の女性のノーズアートの計3種類存在。
ペガサスで呼び出した際はランダムなので、狙ったペイントを狙うのは少し難しい。

名前の由来はベトナム戦争を題材とした映画「地獄の黙示録」において、このヘリのモデルであるUH-1とBuzzardのモデルであるAH-6 キラーエッグがクラシックの名曲「ワルキューレの騎行」のBGMと共にベトコンを攻撃する名シーンが由来しているものと思われる。
英語読みである「ヴァルキリー」をあえて「ワルキューレ」読みさせているところにスタッフの粋な計らいが伺える。

余談だが過去作の1つ、VCSには「Armadillo」と言う名前のこのヘリコプターと同じUH-1をモデルにしたヘリコプターが存在した。