戦士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ≪パリィ≫
必要FP    1
コスト    なし
タイミング  防御行動を取る時
制限     近接武器使用時のみ
効果     
武器を使っての防御術を習得します。
盾を持っていなくても、戦闘中「防御行動」を行うことが出来ます。
1Hなら+1、2Hなら+2の回避修正、二刀流時は2Hとして扱います。
これは盾を持っていない場合にのみ有効であり、
盾を持っている時の防御行動の回避修正とは重複しません。
このフィートは盾以外で防御行動を行えるようにするもので、常時回避力が上がるわではありません。
注意してください。

  • ≪二刀流≫
必要FP    1,6(2レベルまで)
コスト    疲労=逆腕で使用する武器の肉体値と同値(両手利きの場合低い方)
タイミング  常時
制限     両手に武器を持っている時のみ
効果     
両手に武器を持って戦闘するための技術です。
1アクションでそれぞれの手に持った武器で攻撃をできる。
ただし命中判定には利き腕に-1、逆腕に-2のペナルティがかかる。
またそれぞれの手に持てる武器は利き腕は肉体-2以下、逆腕は-3以下の武器でなければ
なりません。ただし最低でも必要肉体値1の武器は使用できる。
この二刀流の攻撃で対象にできるのは1体のみとなります。
レベルアップ効果
2レベルになると命中判定へのペナルティを利き腕なし、逆腕-1にすることができます。

  • ≪マーシャルアーツ≫
必要FP    1
コスト    なし
タイミング  常時
制限     ボーナスを受けるにはそれぞれ制限あり
効果     
素手での戦闘能力を上げる格闘技を習得しています。
蹴りや拳などを含めた総合戦闘力で素手の威力を1d+肉体/叩に上昇します。
また、軽装鎧以下の装備の場合、近接回避修正を+1します。
この近接回避修正は例え武器を持っていても有効です。
ちなみに素手の戦闘力の上昇は軽装鎧ではなくても上昇します。

  • ≪足払い≫
必要FP    1,4,7,10(4レベルまで)
コスト    なし
タイミング  攻撃判定の前
制限     槍、棍系の武器を持っているか、軽装鎧以下を装備
効果     
相手の足をとってバランスを失わせ、転倒させる技術です。
長い柄をもつ武器を使用するか、軽装鎧以下の軽装で、足技を使って使用できます。
攻撃前に判定を宣言し、攻撃の命中判定に-3のペナルティを受けて攻撃します。
命中した場合、相手にダメージが通ったなら、
命中判定の達成値を目標値に頑健ST又は直感STを行い、失敗すると転倒します。
この時STは高いほうを使用できます。転倒時、1Dダメージを防護点無視で受けます。
レベルアップ効果
レベルが上昇した場合、足払いの命中判定値にレベル-1のボーナスがつきます。

  • ≪早抜き≫
必要FP    1
コスト    なし
タイミング  常時
制限     なし
効果     
素早く的確な武器準備を訓練し、可能にします。
戦闘中の“武器を抜く”行動を行う際、その行動のためのかかる1アクションを0アクションにします。

  • ≪武器の流儀≫
必要FP    1,3,5,7,9(5レベルまで)
コスト    なし
タイミング  常時
制限     指定する種類の武器を使用している時のみ
効果     
特定の分類の武器をより効率的にダメージを与える方法を心得ます。
剣、斧槌、槍棍、節棍、弓、機械弓、投石器、投擲、盾、のいずれかを選択します。
選択した分類の武器を使用する際、ダメージがレベル分上昇します。
レベルアップ効果
レベル分、指定分類の武器を使用した際のダメージが上昇します。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。