吟遊詩人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ≪伝承の記憶≫
必要FP    1,3,5,7,9(5レベルまで)
コスト    なし
タイミング  判定前
制限     『伝承知識』を習得済み
効果     
伝承や物語、英雄譚に関して秀でた記憶力を発揮します。
伝承知識の判定に関して振り直しを行うことが出来ます。
レベルアップ効果
シナリオ中にレベル回振り直しを行うことが出来ます。一つの判定に何回振り直しを使用することも可能です。

  • ≪知人の知人≫
必要FP    1,4,7,10(4レベルまで)
コスト    なし
タイミング  初めてそのNPCと顔を合わせた時
制限     なし
効果     
吟遊詩人としての顔の広さを表します。
1シナリオに1回、出てきたNPCを知り合いのNPCとすることが出来します。
どのような知り合いかはPLからの提案なども含めつつ、GMが決定します。
ただし、このフィートの適用に関してGMは理由を話さず、シナリオ運用上の都合で却下することが出来ます。
その場合、このフィートは使用したことにならないので、再度PLは別のNPCをフィート対象に指定できます。
レベルアップ効果
シナリオ中の使用回数をレベル回数まで上昇します。

  • ≪大道芸人≫
必要FP    1,3,5,7,9(5レベルまで)
コスト    1時間
タイミング  平時
制限     『楽器演奏』又は『歌唱』習得済み、人が大勢いる所でのみ行える
効果     
楽器演奏や歌などを披露することにより金銭を得ることが出来ます。
使用する技能を『楽器演奏』『歌唱』のどちらかから選択し、判定を行います。
その判定の達成値から10を引いた値に10を掛けたゴールドを得ることが出来ます。
達成値が10に達しなかった場合、一切ゴールドを得られません。
また、この大道芸は連続して行うには限界があります。
小さな村では1度やったら1月は同じことをしても金銭は得られないでしょう。
しかし大都市であれば毎日連続で興行しても大丈夫かもしれません。
限度に関してはGMがその集落に済んでいる人数などから限度を判断してください。
街に暮らす人々も村人達も無限に大道芸にお金を出せるほど裕福ではありません。
下記に流通レベルから考えられる頻度の限界と集金額の限界の目安を載せておきます。
レベルアップ効果
得られるゴールドがレベル倍になります。
流通レベル・集落レベル 頻度の限界 集金限界
1 小村落 月に1度 10
2 人の多い村 週に1度 30
3 街道沿いの街 3日に一度 50
4 それなりの大きな街 1日に1度 100
5 大国の地方都市・小国の主要都市 1日に2度 200
6 大国の主要都市・小国の首都 1日に3度 300
7 大国の首都 1日に4度 400
8 世界でも有数の大都市 1日に5度 500
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。