言語を決める


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この世界の人類の使用する言語は元は一つの文明からそれぞれの文明に派生しているだけに
それぞれの言語自体は共通点も多く、人類の言語はかなり強い方言のような色合いがあります。
プレイヤーは基本的に自らの出身地の文化圏の言語を習得しており
クラスによってはそれ以外の言語も習得しています。
下記に習得可能な言語を紹介していきます。
また言語を習得していても、『読み書き』を習得していないキャラクターは文字の読み書きはできません。

言語紹介

神代語(上流共通語)
元々の神々が使用していた言語である種の古代語です。
しかし、今は各文化圏の慣例として特に王家や政治的な話し合いの際にはこの言語が使われます。
いわば上流社会における国際公用語です。
その背景から王族や貴族は修得必須の言語とされていますし、階級意識の高い貴族などは
この言語のみを使用して生活しているものも居ます。
幻獣の中にはこの言語を使用するものもいます。

北方語(ルミナス文化圏)
ルミナスが築いたルミナス文化圏で使われている言語です。

内海語(ベリス文化圏)
ベリスが築いたベリス文化圏で使われている言語です。
内海は商業の中心地である為、商人達によく使われる言語です。

南方語(ジオ文化圏)
ジ・オルグが築いたジオ文化圏で使われている言語です。
この基本ルールにおいてはデフォルト舞台となる文化圏の言語です。
基本ルール上、キャラクターは全員この言語を使用します。

東方語(アスラ文化圏)
アスラディオが築いたアスラ文化圏で使われている言語です。
かなり僻地で長年隔離されて使われた言語の為、特に他の言語との乖離が激しい言語です。

ドワーフ語(ディーバ文化圏)
ディーバ・ダグダが築いたディーバ文化圏のドワーフたちに使われる言語です。
少々訛りがあるものの、獣人達もこの言語を使用します。

エルフ語(ダーナディア文化圏)
ダーナディアが築いたダーナディア文化圏のエルフ達が使用する言語です。

魔界語
魔界の悪魔や魔王たちが使用する言語です。何故かやや神代語に似ています。

鬼語
地上世界に適応した悪魔、鬼族達が使う言語です。
起源を魔界語とするらしく、言語的に近しいところはありますが、やはり別言語です。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。