2010-10-24-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/10/24(日) 19:08:33 ID:HtnnAyuY0 [1/9]
とある休日、いつもの3人で山登り旅行に行くことになったのだが……

広橋涼ちゃん「やったー到着だーッ!植田さぁ~ん!こっちこっちー!」 ←いち早く山頂に到着する涼ちん

植田佳奈ちゃん「は~い、今行くよ~」 ←二番手

涼ちん「早くぅ!早くぅ!」

植田さん「ちょっと待っててねぇ、よーーぅし、、、ほいっ!(山頂に足踏み入れ)、うし、私も到着ッ!」
涼ちん「わーい!お疲れ様ぁ植田さん!はいどうぞっ(タオル渡し」
植田さん「ぉ、ありがとう涼ちゃん♪」
涼ちん「いえいえ♪……ところで、もう1人の彼は…まだ、かな?」
植田さん「ん、あれ?さっきまで私の後ろにべったりくっついてたんだけど……」


……ぜぇ……はあ……ぜぇ……………ぜぇ……はぁ……は、はぁ……やて……ちゃんっ(10M遅れ

植田さん「ぉぉお~~い!だいじょーーーぶかぁ~~~(山頂から掛け声」

ふあ、は、ふぁぁい、だいじょ……うぶ……でっすぅ…、ぜぇ…はぁ……ケホッ

涼ちん「あとちょっとだよぉ!頑張れぇ~~!」

う、う、うぅん……はぁ、はぁ……ゴクッ………

涼ちん「が、がんばれーっ!ファイトだよーー!!ファイトーーーォウ!」 ←恥じることなく応援してくれる涼ちん

んぅ……あと、ちょ、と、はぁ、ゴクッ、はぁ、はぁ………はぁ、ふぅ、はぁ………

涼ちん「が~んばれっ!が~~んばれ!が~~~んばれ!あとちょっとぉ~~~!」

は、は、は、あと、すこ、し……はぁ、はぁ、はぁ、やぁ……ゴクッ……はぁぁ―――――

2 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/10/24(日) 19:08:51 ID:HtnnAyuY0 [2/9]
はふぁぅぁぁ……(頂に到着すると同時にへたれ込む

涼ちん「ゴぉぉール!だね♪お疲れ様ぁ。はい、タオルだよ~♪」
ぜぇ……ぜぇ…、あ、あ、ありがとう、涼……ちんっ

植田さん「ったくぅ、何で男のお前が、うちらより遅いのさ!」

す、すぅ、すび……ば、せん……山っ、登りっなんて、10年っ…ぶり…くらいっで……
植田さん「普段から運動してないからそんなことになるんだぞっ!ったく!(`へ´)」
う、う、ぅぅ……
涼ちん「まぁまぁ植田さん、今日はトレーニングに来たわけじゃなくてレジャーで来たんですから♪」
植田さん「ま、まぁそうだけどさ……」
ぜぇ、ぜぇ………はぁぁ(まだ息が上がってる

植田さん「…ったくもう。飲み物買ってきてあげるから、そこで待ってな!」

あ、あ、ふぁ、ふぁい……

  ~飲み物を買いに行く佳奈さん~

はうぅう~~……(ぱたりとその場に仰向けになる

(っ…もうっ1歩たりとも動けない…よ……)

はぁぁ………(ため息

(ああ………こんなとき。こんなとき、はやてちゃんが…傍に…いてくれたらな………)

……。

(もし…はやてちゃんがいてくれたら―――)

3 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/10/24(日) 19:09:10 ID:HtnnAyuY0 [3/9]
――したかったな、はやてちゃんと山登り、(空に向かって独り言


涼ちん「…大丈夫?」 ←仰向けになった僕を覗くようにして


あ。涼ちん…うん、ちょっと疲れただけだから……
涼ちん「そっか、、、もしよかったら一緒に景色でも見て回って、と思ったんだけど……」
えっ
涼ちん「もう少し休んでおいたほうがいいかな?」
い、いや……、いやッ!(なんとか立ち上がる) 
涼ちん「ぉー」
ぼ、僕も行くよ!誰あろう、涼ちんのお誘いだもんッ!
涼ちん「ふふっ。元気があってよろしい!そいじゃ、植田さんが戻ってくるまで、ちょっと見て回ってよっか!」
うん!

  ~景色のよさそうな場所を探す涼ちんと僕~

涼ちん「わぁっ!」
ん?
涼ちん「ここなんてどうかな!ほらこっちっ!」

  ~涼ちんが指し示す方角を向けば青空と絶景が広がっている~   BGM:旧ドラえもんED「青空っていいな」

ぅわ、わ、ぉわああああああああああああッ!す、すっごい!!!りょ、涼ちぃん!!!!
涼ちん「うん!」

  ~景色に魅了されしばらく沈黙する2人~

ぅはぁぁ……
涼ちん「綺麗だね……」
うん……まるで心が洗われる様だ……

4 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/10/24(日) 19:09:34 ID:HtnnAyuY0 [4/9]
涼ちん「すぅぅぅぅぅ~~~~」 ←唐突に思いきり息を吸い込み始める涼ちん


涼ちん「やっほぉぉぉぉぉぉおおおお~~~~~~(景色に向かって叫ぶ」


お、おお……!!
流石!流石涼ちん!声優さんだけあって物凄い声量をしている……!!!

涼ちん「えへへ、この景色を見てたらさ、なんだか叫ばずにはいられなくなっちゃったみたい。…五月蝿かったかな?」

ううん!とんでもない!いい声だったよ、涼ちん!
涼ちん「ふふっ、どうもありがとっ」
いえいえ!

涼ちん「あ。そうだ、君もやってみたら…?」
えっ
涼ちん「お腹から声を出すとね、気持ちがいいんだよっ♪ふふふ」
で、でも……
涼ちん「恥ずかしい?」
う、うん。ちょっとだけ……それに、なんて叫んだらいいか、わからないし……
涼ちん「うーん、なんでもいいんじゃないかなぁ?やっほー、でも、おーい、でも、自分の好きなことだったら、なんでも」
好きなことなら、なんでも…?
涼ちん「うん、なんでもっ♪」
だ、だったら……………、、よ、よぉしっ
涼ちん「決まったみたいだねっ」
うん!

自分の好きなこと……僕の好きなこと…………僕の気持ち……その全てを…声に乗せて…………


はやてっ…ちゃんっ……

5 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/10/24(日) 19:09:50 ID:HtnnAyuY0 [5/9]
はやてちゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああん!!!!!(叫

 「「…やてちゃーん、てちゃーん、ちゃーん、ゃーん」」 ←こだまになって帰ってきた自分の声

涼ちん「ふふ、いい声だね♪」
はぁ…はぁっ…はぁっ……
涼ちん「どう?気持ちいいでしょう?」
う、うん……すごい。すごいよ、これ!涼ちん!
ま、まだ興奮が収まらない…。今までこんなに、これだけの声で、好きな人の名前を叫んだことなんてなかったから…
涼ちん「ふふ、うん♪気持ち、とっても篭ってたと思うよ♪」
うん……はぁ…はぁ…も、もう1回っ
涼ちん「うん?」
もう1回!叫んでもいいかなッ!? 涼ちんッ!?
涼ちん「うん♪君が満足するまで叫んでいいと思うよっ」
そ、そっか……それじゃあ……は、はやて……ちゃんっ……すぅぅぅぅぅぅうぅぅううううぅぅ(息吸い込み

はやてちゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああん!!!!!!(叫

 「「…やてちゃーん、てちゃーん、ちゃーん、ゃーん」」 ←こだま

ま、まだ……はやてちゃん…
はやてちゃああああああああああああああああああああああああああああああああああん!!!!!!(叫

  「「…やてちゃーん、てちゃーん、ちゃーん、ゃーん」」 ←こだま

まだ、全然まだだよ、この気持ち、まだ、全然……すううううううううううううううううううううう

はやてちゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああん(叫

  「「…やてちゃーん、てちゃーん、ちゃーん、ゃーん」」 ←こだま

はぁ……はぁっ……、よ、よし…最後にもう1回だけ……はぁ、はや……

6 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/10/24(日) 19:10:09 ID:HtnnAyuY0 [6/9]
はやてちゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああん(叫



                        「はあぃ」


えっ

涼ちん「ん?どうかしたの?」
い、いや…今……
涼ちん「ん?」
聞こえた……
涼ちん「え?」

聞こえた……気がした……

涼ちん「何が…?」

感じた……気がした……んだ……

涼ちん「?」
はやてちゃんが……はやてちゃんの声が!確かに聞こえてきたんだよ!涼ちん!
(幻聴…?ううん、違う、確かに聞こえたんだ。はやてちゃんの声が!何処?はやてちゃん!何処にいるの…!?)
そうだ、もう1回叫ばばきっと!うん、そうだよ!きっと!はやてちゃん……!すぅぅぅぅぅぅううう(息吸い込み

はやてちゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああん!!!!!(叫


                  「はあぃ」

ほら…!

9 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/10/24(日) 19:10:46 ID:HtnnAyuY0 [7/9]
間違いない!
ほら!涼ちん!今!聞いたよね!? 涼ちんも!
涼ちん「ホ、ホントだ…」
やっぱり…幻聴なんかじゃなかった、本当にはやてちゃんが……この山のどこかに……
さ、探さなきゃ……声を頼りに


はやてっ………ちゃんっ…………すぅうううううううううううう(ブレス

はやてちゃああああああああああああああああああああああああああん!!!!!!!(無我夢中で叫


             「はあぃ」


こ、声が…近くなってる?はやてちゃんが近くにいるんだ!近くに。本当に。はやてちゃんが……あ、ああ…

はやてちゃん…どこ…?近くに…、はやてちゃん…会いたいよいますぐっ…(すううううううううううううううううううううう


はやてちゃあああああああああああああああああああん!(叫


       「はぁい」


こ、こっちだ。右から聞こえた。はやてちゃんの!はやてちゃんの声!ああっ!聞き逃すわけがない!!
何万回と、頭の中で繰り返されてきたはやてちゃんの声……あのやんわりとしたはやてちゃんの――――

 「おー」

こ、この声…はやてちゃん!?(後ろを振り向く

10 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/10/24(日) 19:11:19 ID:HtnnAyuY0 [8/9]
植田さん「やっと見つけたよっ」
あっ

植田さん「探したんだよー?」
か、佳奈…さんっ……

植田さん「ぁんだよ、どうした?」
い、いや、あ、あの……、い、今、ここらへんに、はやてちゃんが!はやてちゃんがいませんでしたか!?

植田さん「えっ」

はやてちゃんの声が!聞こえてきたんですよ!ここらへんから!確かに!佳奈さん!はやてちゃんがここらへんにいませんでしたか!(必死

植田さん「あ、ああ………」
佳奈さん!?

植田さん「……もう1回、そっちらへんに向かって叫んでみたら?」
えっ

植田さん「ほら、近くにいるかもしれないんだろ?」
あ、ああ、そ、そうですよね!は、はい!わかりました!よ、よし、もう1回………は、


はやてちゃあ゛あ゛あ゛あ゛あああああ゛あああああああああ゛あああ゛ああああああああああああ゛あ゛あ゛あ゛ん!!!!!!!!(声枯れ叫

12 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2010/10/24(日) 19:11:40 ID:HtnnAyuY0 [9/9]
 「はぁぃ(穏やかなる返事」

はやてちゃん!?

 「そのままやっ。振り返ったらあかんっ…」

うしろっ…!?

 「いつも私のこと、見守っててくれて…ありがとーな…」

そ、そんな…ぜんぜん、そんなこと!当たり前だよ!だ、だって僕ははやてちゃんのこと……!

 「せやけどもう…時間みたいやから……」

えっ?はやてちゃん!?振り返ったら…振り返ったらダメなんですか!一目だけでも!はやてちゃんの登山姿!見……たい…

 「……」

はやてちゃん……
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。