2010-05-21-どの声優さんと一緒にどのアニメのDVD鑑賞会をしたい? 「僕は誰々ちゃんと、イチャつきながら○○を見たい!」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 :学生さんは名前がない:2010/05/21(金) 08:34:33 ID:dOU2oV1I0
とある平日の夕方、僕と涼ちんはいつものように佳奈さん宅に呼び出されたのだが……

――PM5:00 植田邸

あの、佳奈さん。今日は一体何を?
植田佳奈ちゃん「ふっふー、聞いて驚け!見て驚け!じゃ~ん♪(懐から何かを出す」
あ、ああっ…!そ、そ、そそそ、それはーーーーッ!(大げさに指差し

植田さん「へっへー、魔法少女リリカルなのはA'sのDVD全六巻でーす!」

うお、、うおおおおおおおおおおおーーー!はやてちゃああああああああああああああああああん!!!!

植田さん「はははw 落ち着けってw」
いや、いやいや!落ち着けませんって!だ、だって!はやてちゃんの映像ディスクがここにあるんですもの!
植田さん「ははw お前は本当にはやてバカだなw」

広橋涼ちゃん「あのぉ……」

植田さん「あッ、ごめんごめん。涼ちゃんは出てないから知らないよね…」
涼ちん「ううん。名前は知ってるよ!それに、はやてちゃんのことも知ってる!彼がずっと言い続けてたからねw」
植田さん「あははw そういえばそうだね。こいつってば1年中はやてはやて、だもんなw」
あ、えっと……、、うう…

植田さん「まぁそれはいいとしてだ。もうわかってるとは思うけど!今日は……、」
ゴクリ…!!(唾飲
植田さん「3人でなのはA'sのDVD鑑賞会をしたいとオモイマーース!」

おお、うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお、はやてちゅあああああああああああああああああああああん!!!

植田さん「だから落ち着けってw」
あ、すみません…、で、でも…僕、興奮を抑えきれなくて…、だって!佳奈さんと涼ちんと3人ではやてちゃんの勇姿を見られるんですもの!
涼ちん「ふふふ。私は初見だから楽しみだなぁ~。ネタバレは無しでお願いねw」


2 :学生さんは名前がない:2010/05/21(金) 08:34:50 ID:dOU2oV1I0
うん!もちろんだよ涼ちん!! あっ、でも……はやてちゃんが可愛いってところはもう既にネタバレ済みかも……
涼ちん「あははw そうだねっ」
植田さん「ほれほれ、雑談はそこらへんにしといて、そろそろ見るよ!全13話だから、約330分、5時間半ってとこかなー?」
えっと……、はい!そうなりますね!

ガチャ カシャカシャ ガチャ ~BDプレイヤーになのはDVDを挿入する佳奈さん~

植田さん「ねぇ…」
はい?
植田さん「見る前に、さ…、1つ、いいかな?」
…なんです?
植田さん「うん。あのね、私と一緒にこれを見るって事は、、下手したら…お前の中のはやてのイメージが……」
……?
植田さん「いや、ごめん!なんでもないよ!早速見よっか!」
はい!

~再生ボタンを押すと、キングレコードのタイトルが流れ、第1話が始まる~

 水樹奈々ちゃん「はーーるーかー空響いてる~♪」

涼ちん「あ。この歌!水樹奈々ちゃ……(言いかけ」
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお(叫!
植田さん&涼ちん(ビクッ)

 奈々ちゃん「いのーりは~~~~き~せきにィィ~♪」
奈々様ぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
涼ちん&植田さん「……(唖然」

~加速する雲の演出の最中、A'sのタイトル画面が登場する~
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお、きたああああああ!きたあああああ!きたあああああああああ!
 奈々ちゃん「真夜中の蒼に解けて♪」
シグナム姉さああああああああああああああああああああん


3 :学生さんは名前がない:2010/05/21(金) 08:35:11 ID:dOU2oV1I0
 奈々ちゃん「流れてく涙の粒♪」
ヴィータちゃああああああああああああああああああああああん
 奈々ちゃん「迷い無く♪包み込む♪」
シャマルさんにザッフィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ、そして~?
 奈々ちゃん「温もりに出会ったぁ~♪」
はやてちゃああああああああああああああああああああああああああああああん!温もりィィィイイイイイイイイ!!!!

 奈々ちゃん「真っ白な雪のように~♪何処までも素直な言葉~♪鉄の羽纏った僕を動かしてく~♪(はやてちゃんの出番無し」
僕と涼ちんと植田さん「……」

 奈々ちゃん「傷つくたびに♪優しくなれる♪君のその笑顔だけ♪」
はやてちゃんの笑顔だけッ!!!
僕と奈々ちゃん「「守り抜きたい♪願いは1つ♪(一緒に歌い始める」」
         「「とーきーをー超え刻まれた~悲しみの記憶~♪まっすぐに受け止める~♪(奈々ちゃんの正しい音程と僕の音程外れが混合」」
 奈々ちゃん「君は光の天使♪(僕だけ”はやてちゃんは光の天使♪”と勝手に替え歌」
涼ちん&植田さん「……」

 奈々ちゃん「あーのー日~胸に灯った~永遠の炎~♪」
シャマルすぁああああああああああああああああああああああああん!
 奈々ちゃん「深い闇解き放てぇ、自由の扉、開いてく~♪」
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお、はやてちゃああああああああああああああああああああああああああん
 奈々さん「強く果てない~未来へ~♪チャラチャラチャッチャ~♪」
はやてちゃん……

~1話Aパートが始まる~
植田さん「なぁ、ちょっといい?お前ってさ、いつもこうなの?」
ちょ!佳奈さん!静かにしてください!今、はやてちゃんが!
植田さん「ぇ」

~はやてちゃんが車椅子に乗って現れる~
うおおおおおおおおおおお!!はやてちゃあああああああああああああああああああああん!!
植田さんと涼ちん「……」


4 :学生さんは名前がない:2010/05/21(金) 08:35:29 ID:dOU2oV1I0
~はやてちゃんの寂しそうな顔が映る…~
 石田先生の留守電「もしもし、石田です。明日ははやてちゃんのお誕生日よね…?」

は、はやてちゃん!明日お誕生日なのか!なんてこった!なんてこったt!!くそぉぉ、プレゼントしたいよ……
植田さんと涼ちん「……」

~はやてちゃんが部屋に戻り、読書を開始。そのまま12時を迎え、誕生日になった瞬間本棚が光り…~
き、きたああああああああああああああああああああ、はやてちゃああああああああああああああああああああああん!

~夜天の書の封印の解放に、はやてちゃんが怯え始める…~
は、はやてちゃん…!そ、そんなに怯えないで…大丈夫!大丈夫だから!!

 なのはさん「始まりは突然になの」
タイトルキタアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア(大興奮

植田さん「ちょっと待った!一回ストップぅ!ストーップ!(リモコンで一時停止」

んなッ!な!何をするんですか佳奈さんッ!!(興奮気味
植田さん「はぁ…(溜息)、まさかここまでとは…、おまえなぁ、私はともかく、涼ちゃんは初見なんだよ?」
あっ…
涼ちん「ううん、いいよ私は。君が楽しんでくれたらそれで…」
あ、いや、、ごめん涼ちん……
植田さん「それにさー、折角声優であるうちらと一緒に見てるんだし、もっと内容について語ろうよ」
そう、、ですね……わかりました。すみませんでした…
植田さん「わかったならヨシ。じゃあ再開するよ~」

~場面は進み、はやてちゃんが図書館に訪れるシーン。はやてちゃんが本棚に一生懸命手を伸ばしてる~
 すずかちゃん「これ、ですか?(本をとってあげる」

うおお!すずかちゃんGJ!
植田さん「またお前…」
あ、すみません…


5 :学生さんは名前がない:2010/05/21(金) 08:35:45 ID:dOU2oV1I0
~はやてちゃんがすずかちゃんとお友達になるシーン~
 はやてちゃん「すずかちゃん。八神はやて言います」
 すずかちゃん「はやてちゃん!」
 はやてちゃん「平仮名ではやて…変な名前やろ…?」

そんなことないよ!!!はやてちゃん!!!綺麗な名前だよ!!!もうこの名前しか考えられないよ僕は!!!
植田さん「ああーもう!だからうるさいってば!!」
ああぅっ…す、すみません……
植田さん「…ったく、先が思いやられるよ」

~その後、『友達だ』のシーンを終え、2話のはやてちゃんが台所でお料理してるシーンへ~
涼ちん「わあ、はやてちゃんって9歳なのに料理出来るんだぁ~」
そうなんですよねぇ、それに僕、ここのシーンの、はやてちゃんが携帯電話を肩で抑えてるところが好きでもう…
涼ちん「あぁ、ほんとだ!可愛い~!ふふふ^^」

~場面が進み、シャマルさんが旅の鏡でなのはさんを貫くシーン~
涼ちん「わわ、わああ~~!」
植田さん「ここ、ちょっとグロテスクだよねぇ」
そうですよねぇ。ここのシャマルさんは少しやりすぎな感じがあるというか、最初は”なのはさんに何すんだ!こいつ!”って思いましたね…
植田さん「あれ?お前八神家好きじゃなかったの?」
あ、いや、最初は僕、ヴォルケンリッターのことあんまり好きじゃなかったんですよ……
植田さん「へぇ~」

~その後、色々なシーンについて当時のアフレコを佳奈さんが振り返りつつ、
 1期の内容も補完しながら涼ちんにもわかりやすく説明していき、6話「それは小さな願いなの(後編)」を迎える~
き、きたあああ!第6話!
涼ちん「うん?」
第6話はね涼ちん!俗に言う神回ってやつだよ…!僕はこの回ではやてちゃんに…恋を……、、
植田さん「おい、ネタバレはだめだぞ~」
えーそんなぁ><


6 :学生さんは名前がない:2010/05/21(金) 08:35:58 ID:dOU2oV1I0
~話は進み、八神家の過去話が回想されていく~
ちょ、ちょっと佳奈さん!今のところ!
植田さん「ん?」
ま、巻き戻してもらえますか!!
植田さん「なんでさ」
いや、今のはやてちゃんがお風呂場でシャボン玉しながら、ヴィータちゃんに微笑むシーンで、僕はここで……はやてちゃんに……ッ、
植田さん「えーー、ったくしょーがねーなぁ…(ピッ←巻き戻し音」
ああ!ありがとうございます!!

~そしてついに、はやてちゃんの麻痺の進行が早くなって言ってることが石田先生の口から明らかにされる…~
 石田先生「このままでは、内臓機能の麻痺にも発展する危険性があるのです…」

そ、そんな…そんな!石田先生!石田先生!はやてちゃんを!なんとかできないんですか!石田先生!
植田さん「はぁ。あーもう、ツッコミ疲れたわ……(僕に呆れてる」
涼ちん「はやてちゃん…、大丈夫なのかな……」

 ヴィータちゃん「シャマルぅ!お前!治療系得意なんだろぉ!はやてのこと治してよぉぉぉ;;」
そうだよ!!シャマルさん!シャマルさんならはやてちゃんのこと!
 シャマルさん「ごめんなさい…私の力じゃどうにも…」
そんな…うそだ………ッ、嫌だあああああああああああああああああああああああ(我を忘れ絶叫

~健気なヴィータちゃんに泣きそうになりながら、第9話「クリスマスイブ」最終局面、はやてちゃんが偽なのはさん・偽フェイトちゃんと対峙する~
 偽なのはさん「壊れた機械は役に立たないよね…」
 偽フェイトちゃん「だから、壊しちゃおう…」
 はやてちゃん「や、だめ!やめてえええ…」

……ッッ!!!(敵の卑劣な行為とはやてちゃんを救えない自分のあまりの無力さに憤りと苛立ちを感じ、唇を噛み締めているッ…
植田さん「ここは……辛いよね……」
涼ちん「……」←泣きそうになってる


7 :学生さんは名前がない:2010/05/21(金) 08:36:12 ID:dOU2oV1I0
~闇の書さんが復活し、そのまま第9話EDを迎える~
 ゆかりん「大人に、な、あ、っても、わ、すれない、マイラ~♪巡り合えた日を~♪」

涼ちんと植田さん「……」←シリアスシーンに入り、口数が減っていく2人
……(自分の愛しい人が苦しい目にあっていた本編に比べEDの曲調が明るすぎたため、只ならぬ違和感を覚え、ただただ呆然としている…

~その後、色々あって、第11話「聖夜の贈り物」フェイトちゃんの過去が終わり、いよいよ最終局面……~
 はやてちゃん「名前をあげる……」
バックコーラス「やーッと辿り着けたね、2人、巡り合えた場所に~♪(挿入歌SnowRain開始」
 はやてちゃん「もう闇の書とか、呪いの魔道書なんて、言わせへん…」
 リインフォースさん「;;」

涼ちんと植田さん「……」←泣きそうになってる
は、はやてちゃん……ッ(泣くのをなんとか堪え

バックコラース「雪が~夜に解けて~~♪煌く~風になる旅立ちを~誘う風~♪(SnowRainサビ」
 はやてちゃん「夜天の主の名において…汝に新たな名を送る…強く支えるもの…幸運の追い風…祝福のエール……」
バックコーラス「祝福の風~願いは~離れえぬ絆へ~♪」
 はやてちゃん「リインフォース…(聖母マリアのように微笑みながら…」

うおおおおおおおおおおおおおおお はやてちゃあああああああああああああああああああああああああん!!!!
涼ちん「はやてちゃああああああああああああああああん!(泣きながら」
植田さん「……」←明らかに泣きかけてる

~3人で静観する中、第12話「夜の終わり、旅の終わり」を迎える、はやてちゃんの覚醒シーンから…~
 はやてちゃん「リンカーコア送還、守護騎士システム破損修復…、おいで、私の騎士たち…」

僕と涼ちんと植田さん「……」

 はやてちゃん「リインフォース!私に杖と甲冑を!(はやてちゃんの神変身シーン」

はやてちゃん…


8 :学生さんは名前がない:2010/05/21(金) 08:36:25 ID:dOU2oV1I0
 ヴィータちゃん「はやてェ…」
 シグナムさん「すみません…」
 はやてちゃん「ええんよ、皆わかってる。リインフォースが教えてくれた…せやけど細かいことは後や…
        今は… おかえり、みんな…」
 ヴィータちゃん「うあああああああん!はやてぇええええええはやてえええええええええ」

うあわわわわわん;; はやてちゃん、はやてちゃああああん!ヴィータちゃんもよかったなあああああ;;(涙腺決壊
植田さん「スンッ…スンッ…(泣」
涼ちん「うわわあああん;;」

~その後色々難あって、第13話最終回スタンバイレディ…、リインフォースさんとの別れ、はやてちゃんが必死に…~
 はやてちゃん「やっと…やっと救われたんやないかぁ~;;」
 リインフォース「聞きわけを…」
 はやてちゃん「ううっ…これからやっと…これからもっと幸せにしてやらんと…あかんのにぃ…;;」

僕と涼ちんと植田さん「……(号泣」

~ラストのED。悲しみの別れを乗り超え、6年の歳月が経過しはやてちゃんの脚がなんと完治している…!!~
 なのフェイはや「セーーーーーットア~~~~ップ!」

 魔法少女リリカルなのはA's チャラチャラチャ~  終


涼ちん「スンッ…スンッ…いい話だなぁ……(泣」
植田さん「ほんとにね…。何度も見てるのに、また泣いちゃうなんて…思わなかった…」
はやてちゃん…はやてちゃん、、もう最高すぎる……


9 :学生さんは名前がない:2010/05/21(金) 08:36:40 ID:dOU2oV1I0
――PM10:30 全13話を見終えて

お疲れさま、涼ちん!
涼ちん「はぁぁ。いやぁ、、面白かったねぇ…」
うんうん!名作だよ!本当に!

植田さん「あのさ…」

あ。佳奈さん、お疲れさまです!
植田さん「ちょっと聞きたいことが……」
はい?なんですか?

植田さん「お前は……、今日私と…一緒になのはA's見てみて、どうだった?」
え?

植田さん「そ、その……はやての声、とかさ……どう、だった、かな?(もじもじ」
ああ……

植田さん「……」
はやてちゃんの声は、とっても綺麗で、心地よくて、安心感を与えてくれるような、そんな声でしたよ…

植田さん「そ、そっか……」
僕は、はやてちゃんは、この声以外ありえない、って思ってます

植田さん「……」
この声無しじゃ、はやてちゃんは成り立たないって、そう思ってます……だから……


 「……。最後まで見てくれて、ありがとーな…」

えっ、、この声って…。ま、まさか……はやて、ちゃん……?はやてちゃん!!
そんな!何処にいるのはやてちゃん!元気にしてるの!?はやてちゃん!!?はやてちゃん……
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。