2010-03-09-どの声優さんと台風で停電の中、備蓄食をあーん?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

19 :学生さんは名前がない:2009/10/08(木) 23:45:22 ID:AEXeZlnw0
植田佳奈ちゃんと広橋涼ちゃんに買出しを頼まれたのだが、
買出しの途中に巨大な台風が接近して交通網は完全に麻痺。帰ってこれたのは出発してから10時間後の午後10時のことであった。

――PM10時 植田邸玄関
あぁぅ……。まさかこんな時間になっちゃうなんて…。うああ、全身ビチョビチョだし……、はぁーぁ。佳奈さん、出てくれるかなぁ…?
ピンポーン ピンポーン…
(インターホン)「はぁーい」
あ、佳奈さん?僕ですッ!遅くなっt…
(インターホン)「もぉう!おっそーい!何してたんだよぉー!携帯に何度も電話したんだぞー?」
あ、あ、す、すみません……。ちょっと電車とかその他色々止まってしまってぇ……、それと携帯も家に忘れてきてしまったようで…うう…
(インターホン)「…ったくぅ!まぁいいよ。とりあえずあがりな」 ガチャッ(開錠音)
は、はぃ…すみません……

――植田邸室内
植田さん「ほぉら、タオルっ。しっかりふいてよ?」
あ。すみません。ありがとうございますっ!(ゴシゴシ、ゴシゴシ) …あ。そうえいば佳奈さん。涼ちんは…?
植田さん「ああ、涼ちゃんならとっくに帰ったよ。なんでも急に仕事が入ったらしくてさー。台風が過ぎる前だから良かったけど…」
あ、そうなんですかぁ。はぁー…。せっかく3人で楽しめると思ったんですけど…。残念です。じゃあ、僕も今日は帰ったほうが良さそうですね…
植田さん「……あ、うん」
買出しの荷物はここに。。あっちゃぁ…こんな水浸しになっちゃって……、すみません…。
植田さん「あ、うん、それは別にいいよ。…それより、さ。 おまえ……、」
はい?
植田さん「……帰る前に。お風呂でも入っていったらぁ?全身、水浸しじゃん?」
えっ?あ、ああ…僕のことなら平気ですよ!このタオルのおかげで結構乾きましたし!
植田さん「……。…いーから。入ってきなよっ。風呂のお湯、もう沸いてるからさ…」
へ?か、佳奈さん!? ひょ…、ひょっとしてまさかっ……、、僕のためにお風呂を!?
植田さん「…ッ!ちっ、ちげーよ!!なわけないだろこのアホ!自分のために沸かしてたんだよ!いーからほら!さっさと入って来い!」
う、ぅう…わかりましたよぉ……。

――植田邸浴室。その浴槽にて
ふぅ…。あーお湯があったかくてきもちー。……にしても、まさか佳奈さん家のお風呂に入ることになろうとはなぁ…。考えもしなかっ…
(フッ) ―ここで停電―


20 :学生さんは名前がない:2009/10/08(木) 23:45:41 ID:AEXeZlnw0
わ。わわわわ、わああー!停電だぁああ!あ、ああ、何も。何も見えないぃ…。ど、どうしよう…。助けを求めたほうがいいかな…
佳奈さーん!佳奈さぁ~ん!停電みたいなんで、悪いんですけどー!懐中電灯持ってきてもらえませんかねー!? もしくは蝋燭をー!

植田さん「……(ガクガクブルブル…」

あれ、佳奈さん?もしもし佳奈さぁぁぁん…!
植田さん「……(ガクガク」
どうしちゃったんだろ……。…ぁああ!そっか。そういえば、そうだった。。佳奈さん、暗いところが苦手だったんだった!(二次設定
ど、どうしよう…佳奈さん助けに行かなくちゃ…、、でもこの格好じゃ。。ええい!くそぉ!今は形振りなんてかまってられない!行くしかない!(ザパーン
植田さん「……うぐっ…(ガクガク」
佳奈さん!大丈夫ですか!? 今懐中電灯持って行きますから!あ、でも佳奈さん家の懐中電灯って何処にあんだろ…
植田さん「……右下の棚…2番目の引き出し…(ガクガク…」
わ、わかりました!暗くて見えませんけど何とか探してみます!!えっと、えっと……ない、ないないない……、、あ…!あったぁぁ!
佳奈さん!もう大丈夫ですよ!ほら懐中電灯!見つかりましたよ!ピカー(佳奈さんを照らす
植田さん「ああっ…うん。ありがっ……、…キャアッ!」
え?きゃあ? 佳奈さん? 何、らしくない声を上げてるんです?
植田さん「バカッ!お、おまえぇ…!前のそれ!さっさと隠せよッ!」
へ? あっ。あああああああああ!いやあああああああああああああああ!(局部を慌てて手で隠す
植田さん「もうっ…さいってい!」
ぅう……ごめんなさいごめんなさい…
植田さん「……お父さんのしか見たこと無かったのにッ(ボソッ」
ん?佳奈さん、今なんと?
植田さん「なんでもねーよ!さっさとタオル巻いて来い!このバカ!変態!痴漢!」
ぁぁぁ…すみませんすみません。。本当にごめんなさい…。こんなことして…ぅう…僕…。社会的に抹殺されちゃいますかね…?
植田さん「……ッ。…それは…、、そんなことは、、しないよっ。だって……」

「……。私のこと…、助けようって思ってくれたんやもんなぁ?」

え、、こ、この声って…、は、はやてちゃん!?そ、そんな!はやてちゃん…ああ…あああ!はやてちゃん!!(思わず局部から手を離す
「ほんまにありがとうなぁ。。 せやけど……。今の君のその格好じゃ……、…ただの変態さんやっ!」
え?はやてちゃん……? あ。 ああああ! いやぁぁぁああ!(再び局部を慌てて隠す 
ぁぁぁ…はやてちゃんに変態って言われてしまった……ぅぅう…… 僕は最低の変態クソ野郎だね… はぁ…。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。