【全く】-【やれやれだ】16-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

512 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/08/31(金) 23:58:53.79 ID:VGOUipcAO

アタシはもう少し漬かっているよ。

さやか「のぼせるなよー?」

言われなくとも。






ふう……
やっぱり風呂は一人で入るに限るな……








中沢「お、広いぜデブ!」

デブ「ホントなんだな!」

ふむ。
二人は風呂の広さに驚いている……
どうやらアタシは目に入ってないようだ。

1、声を上げる
2、柄じゃ無いし、ゆっくり浸かっている

↓3

515 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/08/31(金) 23:59:17.32 ID:1EfxTDZ80
1

520 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 00:04:40.28 ID:+OoEed0AO

キョン「きゃ、キャアッ!」

ふむ、いきなりとなると上手く出ないもんだ。

中沢「うおっ!? キョン入ってたのかよっ!?」

デブ「し、しし失礼したんだな! 中沢、早く出るんだな!」



デブは神速で中沢をひっ掴んで出ていった……

……上がるか。


524 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 00:09:41.65 ID:+OoEed0AO


 ♪ 
♪ ♪

※何故か中沢の友好ランクが上昇しました

――――居間、会食

じゃあ皆で。

一同「いただきます!」

バイキングのような食事だった。

織莉子「遠慮せずに食べて下さいね」ニコニコ

残す方が勿体無いしな。

さて……

自由安価
↓3


527 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 00:11:42.11 ID:Yj41Zbano
ひよりと会話。最近の調子とか色々世間話を

530 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 00:15:27.10 ID:+OoEed0AO

よう、隣いいか?

ひより「あ、うん」

直後ひより初期友好判定
心理+3

531 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 00:15:31.16 ID:Yj41Zbano
hai

534 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 00:22:39.48 ID:+OoEed0AO

※ひより【友好】を獲得



あれからどうだ?

ひより「……だいぶ良くなったよ」

ひより「お母さんも何も言わなくなったし……おかげでハープの練習も続けれるし」

ひより「何より……暖かいかな」

ひより「……私ね、お父さんはいないの」

……死んだのか?

ひより「ううん、別れちゃったの。お父さんとお母さん」

ひより「……私は」チラッ





デブ「肉ばっかりじゃダメなんだな。野菜もしっかり食べるんだな」モッシャモッシャ

中沢「へいよ」モグモグ







ひより「……お父さんの代わりがほしかっただけなのかも」

……それは。

ひより「――ゴメンね!……こんな話しちゃって、さ」

構わないが……
アタシで良ければ、いつでも話し相手になろう。

ひより「うん。ゴメンね本当……」

直後ひより友好ランク判定
心理+3


535 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 00:22:48.05 ID:Yj41Zbano
hai

539 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 00:34:22.59 ID:+OoEed0AO

 ♪ ♪
♪ ♪ 



皆で楽しく過ごした……

屋敷も何だか喜んでいるような、そんな様子を感じた。

織莉子「――――」

織莉子も出会った頃が嘘の様に笑顔だ。いい判断だったな。



――――織莉子邸、夜

じきに皆は解散した。

今日はほむらも疲れてしまったようで、先に帰ってしまった。

アタシも帰るかね……

1、帰る
2、片付けを手伝う

↓3


542 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 00:35:10.98 ID:EX5CWnGjo
2

543 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 00:41:23.18 ID:+OoEed0AO

手伝おう。

織莉子「あ、構いませんよ。私一人で大丈夫ですから……」カチャカチャ……

そういう訳にもいかないだろう。
ほら、私は皿を拭こう。
洗う方に集中してくれ。

織莉子「……じゃあお願いしますね」クスッ

あぁ、任せてくれ。


545 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 00:45:04.45 ID:+OoEed0AO

ジャー……

ふむ。いい皿だな……

織莉子「キョンさん」

ん?

織莉子「今日はありがとうございました」

掃除の事か?

織莉子「そうですが、それだけではありません」

織莉子「こんな風に、誰かと話したのは久しぶりで……」

織莉子「何だか、学校に行ったみたい……」クス

…………

1、学校に行ってないのか?
2、それは良かった

↓3


548 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 00:45:17.05 ID:EX5CWnGjo
1

549 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 00:48:31.69 ID:+OoEed0AO

織莉子「……私は美国の娘ですから。随分と嫌われていまして」

関係無いだろう。

織莉子「私もそう思いますわ……そうであってほしい……」

織莉子「……終わりましたわ。お疲れ様です」

1、……ならMM部に入ればいい
2、また来るよ

↓3


552 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 00:48:53.30 ID:EX5CWnGjo
1

560 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 00:58:11.17 ID:+OoEed0AO

織莉子「えっ……?」

当部活動は誰でもウェルカムだ。

キョン「いつでも待ってるぜ……『お前』をな」

織莉子「っ」

織莉子「……私は、それでいいんでしょうか?」

それを決めるのは織莉子だろう。
アタシじゃあない。

織莉子「……はいっ!」

はは。ま、よろしく頼むよ。

直後織莉子友好ランク判定
心理+3

561 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 00:58:22.58 ID:Yj41Zbano
hai

567 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:03:58.61 ID:+OoEed0AO

♪ ♪ ♪
 ♪ ♪

※織莉子【友好・大】→【大切な人(特殊)】

うわぷ。
抱き着かれた。

織莉子「ありがと……ございます……」

あぁもう大げさだな。
こんくらい、泣くほどの事じゃあ無いだろうに。

……やれやれだ。


570 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:06:29.75 ID:+OoEed0AO

――――

暫くそうしていて、すっかり遅くなってしまった。

流石に今日ばっかりは母上にお叱りをもらってしまった……やれやれ。

ベッドに吸い込まれるようにアタシは倒れ込んで、このまま眠った――

11日目、終了


572 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:07:53.68 ID:+OoEed0AO
11日目(水)

貴女ソウルジェム
3/5

貴女グリーフシード
20、20【2】
【薔薇園】【ハコ】【その他】

【枯れた薔薇】
【割れたブラウン管】

アーティファクト
無し

友好度
中沢【友好・大】
デブ【親友(特殊・大)】
キュゥべえ【普通】
ほむら【雑用(特殊)】
仁美【普通】
さやか【友好】
まどか【普通】
マミ【ベタ惚れ(特殊)】
織莉子【大切な人(特殊)】
上条【友好】
ひより【友好】

【開放土地】
見滝原
【自宅】
【市街地】
【路地裏】
【廃工場】
【公園】
【学校】
【通学路】
【港】
【離れ小島】
【廃ビル】
【コンサートホール】
【橋の下】
【川辺】
【駅】
【織莉子邸】
【ほむら宅】



584 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:13:00.60 ID:+OoEed0AO

――――12日目(木)、自室、朝

ふわぁ……久々にゆっくり起きた。

適当に朝飯を詰め込んで家を出ると――

ほむら「おはよう」

よう。待ってたか?

ほむら「今来たばかりよ」





妹「もう結婚しろよ!」



587 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:14:18.72 ID:+OoEed0AO

――――通学路、朝

ほむら「今日の部活はどうしようかしら?」

そうだな……

※何をしますか?
↓3


591 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:14:59.31 ID:4VhRPB4fo
まずはメンバーを召集してから考える

599 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:20:28.83 ID:+OoEed0AO

ほむら「……それもそうね。人数も増えてきたし」

先輩も入部したからな。できる事も増えるだろう。

ほむら「なら昼休みに招集するわ」

そうしてくれ。

――――朝、教室

今日はゆっくり来たせいか、教室は賑わっている……

自由安価
↓3


602 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 01:20:49.94 ID:EX5CWnGjo
まどかと会話

604 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:23:14.87 ID:+OoEed0AO

おはよう、鹿目。

まどか「あ、キョンちゃんおはよー」

昨日は付き合わせて悪かったな。

まどか「ううん、いいの。こんなわたしでも、ちょっとでもお手伝い出来たし」エヘヘ

そうか……ありがとうな。

直後まどか友好ランク判定
心理+3

605 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 01:23:24.33 ID:Yj41Zbano
hai

609 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:32:59.21 ID:+OoEed0AO

 ♪ 
♪ ♪

また昼休みにな。

まどか「うんっ」ニコッ

――――部室、昼休み

マミ「じゃあ作戦会議だ~~ッ!」

はい。

さやか「個人的には虐待ってのが引っかかってるかなー」

上条はいいのか?

さやか「そりゃ心配だけどさ……」

まどか「マミさん、他に知ってる魔法少女はいますか?」

マミ「……いない事もない」

マミ「だがあの子は……確かそういう魔法は不得手だった……はず……」

ほむら「呉キリカも気になるわ……あの様子でキュゥべえに目を付けられたら……」

確かに、どうなるか分からないな。

どれから手をつけるべきか……

↓3


612 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 01:34:47.08 ID:cHB3+opRo
虐待

617 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:44:30.11 ID:+OoEed0AO

虐待、かな。気になるしな。

ほむら「じゃあ、まずは風見野の探索からね……大仕事だわ」

確かにな。

マミ「……今日は魔女探しをさせていただきますが構いませんね?」

そういえば昨日は?

マミ「……一人で」

……済まなかった。

1、誰かと一緒に組ませる
2、一人でやってもらう

↓3


620 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 01:45:01.68 ID:EX5CWnGjo
1

626 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:50:04.69 ID:+OoEed0AO

ならメンバーを分割しよう。

さて……どうしたものか。

※メンバーを二つに分けて下さい
キョン
まどか
さやか
マミ
ほむら

↓3

627 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:50:31.74 ID:4VhRPB4fo
ほむマミ
まどさやキョン

635 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:55:48.64 ID:+OoEed0AO

ならこの組み合わせで部活動をする事にしようか。

ほむら「……分かったわ」

なら、放課後は頼んだぞ。

――――学校、放課後

さやか「じゃ、とりあえず駅いく?」

そうだな。




【開放土地】
見滝原
【自宅】
【市街地】
【路地裏】
【廃工場】
【公園】
【学校】
【通学路】
【港】
【離れ小島】
【廃ビル】
【コンサートホール】
【橋の下】
【川辺】
【駅】
【織莉子邸】
【ほむら宅】

1、移動する
2、探索する
3、自由安価
4、魔女を探す

↓3


638 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 01:56:13.42 ID:EX5CWnGjo
1えき

640 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 01:59:17.71 ID:+OoEed0AO

――――駅、放課後

まどか「何だか、ちょっとしたお出かけみたい」クスッ

まぁ、間違ってはないな。

さやか「でも、向こうに着いたらどうするつもり?」

行ってから決めるさ。さぁ乗ろう。


642 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 02:01:44.40 ID:+OoEed0AO

――――風見野駅、放課後

さやか「着いたー!」

まどか「どこへ行くの?」

風見野
【駅】
【市街地】
【路地裏】

1、移動する
2、探索する
3、自由安価
4、魔女を探す

↓3


645 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/09/01(土) 02:02:22.20 ID:npZeTzo10
1市街地

情報収集基本

646 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 02:12:34.89 ID:+OoEed0AO

――――市街地、放課後




「半泣きで赤髪の女の子に追いかけられる金髪の女の子が居たんだが……」

「ほうほう、それで?」

「……金髪の方、ノーブラだった」

「ガタッ」






「虐待よね……」

「【市営住宅】の方でしょ? 怖い怖い」






「なんか【平原】で変な声を聞いたんだ……」

「何を?」

「誰も来ない……って声」

「何だそりゃ」




どちらかと言うと見滝原より自然が目立つ……

風見野
【駅】
【市街地】
【路地裏】

1、移動する
2、探索する
3、自由安価
4、魔女を探す

↓3


649 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 02:13:44.29 ID:cHB3+opRo
2

654 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 02:16:39.14 ID:+OoEed0AO

直後探索判定

【1】入り江
【2~4】竹林
【5~7】市営住宅
【8~9】平原
【0】霊峰


655 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 02:16:50.85 ID:KSkg35aBo
ほい

669 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 02:23:37.67 ID:+OoEed0AO

市営住宅へは……こっちに行けば良いのか。

さやか「近道はこっちじゃない?」

かもな。そっちに行ってみるか――




?「待ちな」





赤い髪の女が話しかけてきた――!!?

?「な、何さ?」

ボサボサポニテ!
そういうのもあるのか!

?「うん? 何言ってんのアンタ?」

?「それよりさぁ……」





?「アンタ、魔法少女だろ?」






1、「そうだ」と答える
2、二人を連れて一目散に逃げる
3、「違う」と答える

↓3


672 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 02:24:18.93 ID:cHB3+opRo
1

674 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 02:27:07.33 ID:+OoEed0AO

そうだが……ということは同業か。

?「そういう事なら、わっかんないかなぁ?」

?「ここいらはアタシの縄張りなんだよ。好き勝手やらないでおくれ」

1、魔女を狩りに来た訳じゃない
2、お前に言われる筋合いは無いな

↓3


677 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 02:27:26.58 ID:cHB3+opRo
1

682 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 02:36:09.56 ID:+OoEed0AO

?「はっ、冗談。この辺りでもうすぐ魔女が出そうだってのに、ソレを信用しろっていうのか?」

さやか「えっ――」

成る程、まずいな。
アンタが倒すのか?




?「魔女の様子をある程度観察してからだから、しばらくは放置だけど?」





さやか「なっ――それじゃ犠牲者が出るじゃん!」

まどか「さ、さやかちゃん抑えて……」

?「何だ、後ろの二人は一般人かよ。通りでゴチャゴチャうっさいと思ったよ」

?「何もできないくせに、粋がるなよ」



1、構わない。魔女の方へと向かおう
2、引き下がる

↓3


685 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/01(土) 02:36:56.45 ID:Yj41Zbano
1と言いたいが2

692 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/01(土) 02:39:09.82 ID:+OoEed0AO


さやか「――キョン!」

ここは一旦任せよう。悪いようにはせんだろうしな。

さやか「でも……」

?「賢いやつは嫌いじゃないよ」ククッ



750 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 00:02:06.39 ID:8+1ryLKAO

ようは魔女に手を出さなければいいんだよな?

?「ん? ああ」

じゃあ頼むわ。あんなのと戦わなくていいならこっちは万々歳だ。

さやか、まどか。行こう。

さやか「え、ええ!?」

まどか「いいの?」

犠牲者が出なければ問題無いだろう。
向こうが上手くやってくれるさ。

な?

?「はぁ? そんな義理は無いね」

……ん?
もしかして、放置ってそういう意味か?

……まぁそういう奴もいるかねぇ。

さやか「放っといていいの!?」

落ち着け。
ヤバかったらアタシがなんとかするからさ。

さやか「なら良いけど……」

さぁ、行こう。

?「…………」


751 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 00:05:32.73 ID:8+1ryLKAO

――――市営住宅地、放課後

このあたりか……

さやか「――! 向こうから叫び声が聞こえるよ!」

行ってみるか……






……小さな家から悲鳴と罵声が聞こえる。

さやか「ここだ……!」

まどか「ひどい……」

どうするべきか……?

↓3


754 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 00:08:41.58 ID:MsVGjefBo
まどかに携帯で110番してもらう
キョンとさやかは突撃

758 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 00:18:29.28 ID:8+1ryLKAO

まどか、警察に連絡して。

まどか「うん!」

さやか、来れるか

さやか「もちろん……!」

まどか「……あ、あの、すいません。風見野の――」

繋がったようだ。
さて。

1、呼び鈴を鳴らす
2、玄関のドアを蹴破る

↓3


761 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/09/02(日) 00:20:17.84 ID:UiBMcU/L0

766 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 00:27:27.81 ID:8+1ryLKAO

さやか「キョン!」

キョン「はいよ」

貴女は軽く助走を付けて、入り口のドアを蹴り抜いた。

けたたましい音を立てて、扉が開く。



女「あぁ? なに――ってガキ? ってか、うわ……最悪」

奥から髪を染めた女が顔を出した。
こちらを見て、機嫌が悪そうに舌を打つ。

どうする?

↓3


774 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 00:37:54.27 ID:q8OT210AO
あの、悲鳴がうるさいんですけど
子供さんに何をなさってたのか?
場合によっちゃ刑事事件に発展しますよ。

775 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 00:47:24.26 ID:8+1ryLKAO

女「はぁ? 何言ってんの?……ん?」



まどか「はい、場所は……」



女「あれ、サツでも呼んでんの? チョーウケる」

観念しろ。

女「そりゃこっちのセリフ……」

――! まどか逃げろ!

まどか「あっ……か、返して下さい!」

女「あー、けーさつの人ぉ? ちょっと困ってんだけどいい?」

女「ちょっとウチの玄関がさぁ、クソガキどもにぶっ壊されちゃってー……あ、ソイツら今ここいます」

女「器物破損? じゃないっスか。ちょっと――」




女「警察来るってさ」ニヤニヤ

さやか「け、警察が来たらアンタなんか……」

女「礼状も無いのに上がれるわけ無いじゃん? お子ちゃまはまずお勉強からしなきゃねー」ケラケラ



1、ずる賢い大人だな
2、しまったな……

↓3


778 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 00:48:50.07 ID:N+VrgEIwo
1

785 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 01:01:52.79 ID:8+1ryLKAO

ずる賢い大人だな。

女「大人だから」キャハハ

――成る程な。

さやか「何がなるほどなんだよ、このままじゃ……」



――結界が、開く。



なぁ、美樹。
魔女ってのは何なのか分かるか?
アタシは良く分かっていない……だが共通する事がある。

人の心の、暗い場所に現れるんだよ。

さやか「――?」

例えば美樹が魔法少女だったとして、この女を助けたいか?

さやか「んな訳ないじゃん!」



女「な、何この化け物!?」

魔女「――――!」




まどか「――魔女だよキョンちゃん!」

だから泳がせてたんだな、あの赤いのは。

さやか「――!」

行くぞ、女の子を助けなきゃな。


787 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 01:03:48.12 ID:8+1ryLKAO
魔女は女を追っていった……
子供をを置いて逃げ出すあたり、流石だと思う。

直後、子供発見判定


788 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 01:03:54.45 ID:0XlYp3R3o
おら

793 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 01:05:27.48 ID:8+1ryLKAO

結界の奥で、倒れている女の子を見つける。

――使い魔が回りを取り囲んでいた。

1、助ける
2、自分では無理だ……

↓3


796 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 01:05:47.88 ID:N+VrgEIwo
1

799 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 01:09:51.61 ID:8+1ryLKAO

使い魔が多いな……

さやか「ど、どうすんの!?」

任せろ、特訓の成果を見せてやる。

※貴女ソウルジェム
3→1

キョン「キョン・震脚!」

貴女が足を鳴らすと、使い魔がひっくり返るほどに地面が揺れた。

どや。
今だ、行こう。


802 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 01:13:26.35 ID:8+1ryLKAO

女の子は身体中傷だらけだ……
使い魔にやられた傷じゃない。

?「だ……だれ……?」

キョンだ。
後ろは美樹に鹿目。
訳あってお化けが出たんでな、助けに来たぜ。

まどか「キョンちゃん、早く……!」

分かってる。
立てるか?

?「う……」

無理そうだな。
アタシの背中に乗って――そうだ、よし。

さやか「は、早く出よう!」

分かってる。


直後、魔女遭遇判定

803 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 01:13:38.79 ID:N+VrgEIwo
1

808 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 01:16:58.65 ID:8+1ryLKAO

――――魔女結界、遭遇

魔女「――――」

ちっ、見つかっちまったか……

?「お化け――ひっ!?」



あの女の死体を、魔女は吐き捨てた。
――絶命している。

まどか「きゃあっ!?」ビクッ

さやか「…………」

マズいな……三人を抱えて逃げるのは骨だぞ……

直後、?乱入判定


809 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 01:17:18.50 ID:N+VrgEIwo
1

813 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 01:22:56.23 ID:8+1ryLKAO


?「さて、狩るか」

赤色の魔法少女が、魔女を薙ぎ倒す。
――強い。

魔女「――――!」

?「邪魔だよ。さっさと失せな」

助かる。

?「助けた覚えもないよ」

1、彼女に任せて、ここは引こう
2、自分も戦う

↓3


816 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 01:23:23.82 ID:vXgXMM/ro
1

823 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 01:30:35.19 ID:8+1ryLKAO

後を任せて、結界の外へと抜けた――

――――公園、放課後

必死で逃げてきた……
ここまでくれば安心だろう。女の子を背中から下ろす。

?「…………」

女の子は塞ぎ込んでいる……

自由安価
↓3


826 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 01:31:49.29 ID:jYh9QJj+o
ゆまの怪我を治療

829 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 01:36:44.01 ID:8+1ryLKAO

ちょっと怪我を見せてくれ。

?「…………」

さやか「これ――!」

まどか「――っ」

……火傷や切傷が目立つな。
ちょっと待ってろ……

※貴女ソウルジェム
1→5
グリーフシード
15、20



よし、治った。

?「――お姉ちゃん、魔法使い?」

かもしれんな、はは。
キョンだ。よろしくな。

?「……ゆま」

直後ゆま初期友好ランク判定
心理+3


830 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/02(日) 01:36:56.47 ID:0XlYp3R3o
ax

863 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 23:43:27.67 ID:8+1ryLKAO

※ゆま【友好・大】を獲得


872 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/02(日) 23:59:17.33 ID:8+1ryLKAO

――――公園、放課後

?「あーあ、そんなん拾ってきちゃって」

赤い髪の魔法少女が、いつの間にか近くで菓子を摘まみながらこちらを見ていた。

?「どうすんのさ、そのガキ」

然るべき場所に届けるさ。

?「ふーん……あ、あと警察呼びやがったの誰だよ!」ガルルッ

まどか「ひ、ひぇっ!?」ビクッ

?「お前か……ごまかすために余計な魔力使っちまったよ、全く……」チッ

ゆま「お、お母さんは……?」




?「あぁ? 見たろ。死んだよ」




1、「その言い方は無いだろう!」
2、ゆまの手を握る

↓3


875 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/09/03(月) 00:00:00.69 ID:9hj992HCo

877 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/03(月) 00:08:42.91 ID:RBSV1U1AO

ゆま「っ」

大丈夫だ。

ゆま「……お姉ちゃん」

子供の身体って、凄く小さいと、抱き着かれながら思った。

?「……ふん。警察どもは行方不明って思わせてるよ」

?「保護を求めるなら、その方向でな」

……意外と考えて処理してくれたんだな?

?「いっつもそうやってるだけだよ……じゃあな。出来るだけアタシの縄張りには入ってくんなよ」

1、待ってくれ。名前は?
2、ああ、そうする

↓3

880 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/09/03(月) 00:09:16.21 ID:9hj992HCo

881 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/03(月) 00:10:33.40 ID:RBSV1U1AO


杏子「佐倉杏子だ。覚えたら忘れんなよ、二回目は面倒だからな」


直後杏子初期友好判定
心理+3

882 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/03(月) 00:10:48.72 ID:gvO72WV8o
hai

885 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/03(月) 00:20:27.34 ID:RBSV1U1AO

※杏子【普通】を獲得

さやか「行っちゃった……この子どうするの?」

とりあえず警察行ってみるか?

ゆま「…………」

まどか「でも、たちまち今日は……」

いきなり放り出す訳じゃない。
引き取り手が付くまでアタシらが面倒を見ればいいだろう。

なに、数日だ。行こう。

ゆま「…………うん」



887 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/03(月) 00:23:33.45 ID:RBSV1U1AO

――――駅、夜

警察の方が、ゆまの親類に連絡してくれるらしい……
一応の連絡先として、自分の携帯番号を伝えた。

これで一安心だ……

ゆま「…………」

さて、ゆまを一日預かる訳だが……

1、まどかに頼む
2、さやかに頼む
3、自分で預かる

↓3

890 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank)[sage] 投稿日:2012/09/03(月) 00:24:02.73 ID:guEKInVJo
2

894 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/03(月) 00:28:20.61 ID:RBSV1U1AO

さやか「アタシ?」

直後判定
貴女→さやか【友好】±0
ゆま→貴女【友好・大】-1

895 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/03(月) 00:28:32.56 ID:gvO72WV8o
hai

896 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 投稿日:2012/09/03(月) 00:28:34.44 ID:VSEXglCc0
じゃい

901 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/03(月) 00:31:50.61 ID:RBSV1U1AO

さやか「じゃあゆまちゃん、今日はさやかお姉ちゃん家にお泊まりしよっか?」

ゆま「…………うん」

うん、良さそうだ。

さ、早く見滝原に帰ろう……もう大分遅いからな。

――――見滝原駅、夜

まどか、さやかと解散した……

疲れた……



【開放土地】
見滝原
【自宅】
【市街地】
【路地裏】
【廃工場】
【公園】
【学校】
【通学路】
【港】
【離れ小島】
【廃ビル】
【コンサートホール】
【橋の下】
【川辺】
【駅】
【織莉子邸】
【ほむら宅】

1、移動する
2、探索する
3、自由安価
4、魔女を探す

↓3

904 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/03(月) 00:32:47.99 ID:119SIbgko
念話で今日の出来事をほむらに報告

908 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/03(月) 00:37:07.96 ID:RBSV1U1AO

おーい、ほむらー

ほむら『何かしら?』

斯々然々。

ほむら『お疲れ様ね。なかなかの活躍よ』

そりゃどうも。

ほむら『佐倉杏子……彼女、そういえば風見野を縄張りにしていたわね』

知っているのか?

ほむら『一応ね……彼女の力も借りたいくらいには』

ふむ。
向こうで気になる噂もあった。今度は二人で行こうな。

ほむら『そうね』

はてさて、忙しい部活だな……

【開放土地】
見滝原
【自宅】
【市街地】
【路地裏】
【廃工場】
【公園】
【学校】
【通学路】
【港】
【離れ小島】
【廃ビル】
【コンサートホール】
【橋の下】
【川辺】
【駅】
【織莉子邸】
【ほむら宅】

1、移動する
2、探索する
3、魔女を探す

↓3


911 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/03(月) 00:38:06.03 ID:119SIbgko
1自宅

912 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/03(月) 00:44:25.97 ID:RBSV1U1AO

今日はもう帰ろう……

――――自宅、夜

髪止めをほどいてベッドに倒れ込む。

……平穏って何だったかな。

キョン「やれやれ……柄でも無い事をしてるなぁ……」

1、このまま眠ろう……
2、寝る前に……

↓3


915 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/03(月) 00:44:49.53 ID:119SIbgko
2

927 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/03(月) 00:57:59.40 ID:RBSV1U1AO

もしもし、さやか?

さやか『ん、どしたのキョン?』

ゆまは大丈夫か?

さやか『疲れたみたいで、良く眠ってるよ……』

さやか『……大人しい子だね』

静かにする事を覚えているんだろうな。

さやか『明日どうすんのさ?』

あっ……そうだったな。

↓3はどうだ?



930 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/03(月) 01:00:02.94 ID:aOnUC8wi0
上条恭介の治療が出来る魔法少女を探す

936 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/03(月) 01:05:09.47 ID:RBSV1U1AO

さやか『いや、そうじゃなくって……ゆまちゃんの事。明日アタシたち学校じゃん』

そっちか。

ううん……↓3で良くないか?


939 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/09/03(月) 01:06:38.01 ID:9hj992HCo
織莉子に頼んでみる。

941 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/03(月) 01:11:13.21 ID:RBSV1U1AO

さやか『ああ、なるほど……』

明日はアタシの家に来てくれ。
そこからゆまを送っていくから。

さやか『うん、分かった。じゃあおやすみー』ピッ

これで良さそうだ……そろそろだしな――

キョン「――んんっ……ふう」

……寝るか。

12日目、終了



943 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/03(月) 01:12:09.79 ID:RBSV1U1AO
12日目(木)

貴女ソウルジェム
5/5

貴女グリーフシード
15、20【2】
【薔薇園】【ハコ】【その他】

【枯れた薔薇】
【割れたブラウン管】

アーティファクト
無し

友好度
中沢【友好・大】
デブ【親友(特殊・大)】
キュゥべえ【普通】
ほむら【雑用(特殊)】
仁美【普通】
さやか【友好】
まどか【普通】
マミ【ベタ惚れ(特殊)】
織莉子【大切な人(特殊)】
上条【友好】
ひより【友好】
ゆま【友好・大】
杏子【普通】

【開放土地】
見滝原
【自宅】
【市街地】
【路地裏】
【廃工場】
【公園】
【学校】
【通学路】
【港】
【離れ小島】
【廃ビル】
【コンサートホール】
【橋の下】
【川辺】
【駅】
【織莉子邸】
【ほむら宅】

風見野
【駅】
【市街地】
【路地裏】
【市営住宅】
【公園】



978 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/04(火) 00:04:58.54 ID:3LNhPrCAO

――――13日目(金)、自宅、朝

母「キョーン、お友達来てるわよ!」

はいよ。

妹「最近忙しいの?」

まぁな。部活を始めたもんでね。

――――通学路、朝

ゆま、昨日は良く眠れたか?

ゆま「うん……さやかお姉ちゃんのお家の人は優しかったよ」

さやか「特に気にしない親だしね。送ってくんでしょ?」

ああ、任せてくれ。

979 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/04(火) 00:11:29.42 ID:3LNhPrCAO

――――織莉子邸、玄関前、朝

いきなり来てしまったが、大丈夫だろうか……

ドアが勢いよく開いた……そんな急ぐ用事でもないんだが。

織莉子「キョン? 今朝は早いのね……って、その子は?」

斯々然々でな。
済まんが学校の間だけ預かってくれないか?

織莉子「そ、それは構わないけれど、大丈夫なの?」

明日明後日と休みだ。それまでにゃ片も付いてるだろうさ。

織莉子「なら良いのですが……」

頼んだ。
――っと、学校に遅れちまう。じゃあな!




織莉子「……とりあえず、紅茶飲む?」

ゆま「……」コクッ

980 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/04(火) 00:15:36.29 ID:3LNhPrCAO

学校に着いたのは遅刻寸前だった……



――――部室、昼休み

はあ……

ほむら「疲れているわね」

ゆまの件でな……なかなかハードワークだよ。

ほむら「案件は山積みね……」





携帯電話に着信が入った……





1、出る
2、出ない

↓3


983 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage] 投稿日:2012/09/04(火) 00:16:14.26 ID:Q/dEYMgQo
1

985 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/04(火) 00:25:06.36 ID:3LNhPrCAO

電話は警察からだった。

結論から言えば、経過は芳しくない。
ゆまの親類はどこもあの子を引き取るつもりが無いらしい。
あの母親も相当キテる感じだったみたいだ……

今は向こうで施設の受け入れ先や、引き取り先を探しているようだ……

キョン「……世知辛いねぇ」

ほむら「良くない?」

キョン「良くないな……」

しかし、この案件はどうにもならん。
良い方向に転ぶのを祈るかねぇ……




ほむら「今日の放課後は何に手を付けようかしら?」

↓3


988 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 投稿日:2012/09/04(火) 00:26:39.79 ID:xZCBRIBDo
キリカ

992 名前:1 ◆wu8VE5paJA[saga] 投稿日:2012/09/04(火) 00:32:15.95 ID:3LNhPrCAO

ほむら「そうね、呉キリカの件を片付けて地盤を固めましょう」

おう……

ほむら「……眠いの?」

疲れてんのかもなー……

ほむら「……起こしてあげるから、少し寝る?」

そうしよう……


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。