消化器の歴史3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ピレン、真鍮、四塩化炭素消火器
1910年には、デラウェアのピレン製造業会社が、火を消滅させるために四塩化炭素(CTC)を使用するための特許をファイルしました。
液体は、燃焼プロセス(四塩化炭素の火抑制能力が酸素削除に依存したのは初期の20世紀の予想でした)の化学の連鎖反応を禁じることにより、炎を蒸気させて消滅させました。
1911年には、それらが、化学薬品を使用した小さな携帯用消火器の特許を取りました。
これは、統合ハンドポンプを備えた真鍮またはクロムのコンテナーから成りました。それは火への液体のジェットを放出するために使用されました。
それは、通常1つの英クォート(1.1 l)あるいは1つのインペリアル・パイント(0.57 l)キャパシティーにありましたが、さらに、2英ガロン(9.1 l)以内のサイズにおいて利用可能でした。
コンテナーが気圧調節されないとともに、CTCの新規供給を備えたフィリング・プラグを通って使用の後にそれを補充することができるかもしれません。