太陽光発電


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 太陽光発電とは
屋根に取り付けた太陽電池を利用し、太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式。
つくった電気は実際に家庭で使用でき、使いきれずに余った電気は電力会社が買い取ってくれる。
災害で停電になった時でも太陽が照っていれば電気を使うことができる。
環境にやさしく、経済的にも嬉しいシステム。

  • 太陽光発電のメリット
昼間発電した電気は、家庭の電力として使う事が出来るため、その分の電気代は無料。
規模に関わらず発電効率が一定であるため、小規模・分散運用に向いている。
蓄電池の利用で災害時などの非常用電源となりうる。

  • 補助金
地球温暖化防止に貢献する自然エネルギー促進の施策の一環として、国と地方自治体による補助金制度があるため、
太陽光発電の導入で補助金が出る。
国による補助金は、太陽電池出力 1kWあたり48,000円(平成23年度)となっている。
地方自治体による補助金は自治体ごとに条件、受付開始、締切日は異なる。