銃火器取締法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銃火器取締法

第一条

1.ここでいう銃火器とは、CrackShotによって追加されるものをいう。弓に関しては、示さない。

2.TNTなどブロックを破壊する爆発物については、爆発物取締法が詳細に定める。

第二条

1.OP以外は、銃火器を所有してはならない。

2.緊急時は、銃火器の使用を許可する。ただし、所有許可を受けていないものについては所有の面のみ罰する。

3.特別な事情がある場合は、所有したい場合、所有許可申請を行うことができる。

第三条

1.銃火器取締法第二条の3に基づく所有許可申請を受けた場合、東京裁判所は、理由が適正であるかどうかを公正に判断し、慎重に審議を行うこと。

2.審議の結果は、公表すること。

3.所有許可は、いかなる場合でも、期限付きで行われなければいけない。

第四条

1.OPが所有許可を受けていない銃所持者を発見した場合、射殺を許可する。

2.OPが所有許可を受けていない銃所有者の銃乱射を発見した場合、直ちに、射殺しなければならない。

3.違法な銃所有者については、いかなる法律も無視して、駆除して構わない。これはOPに限らない。

4.銃火器取締法第四条の3にもとづいて、行われた措置について、これが誤認だったと判明した場合、一切の減刑は行わない。