お花畑・被害妄想系統


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Q1.フリーの記者が勝手なことすると我々記者クラブメディアの取材行為が妨害されるぅ〜。業務妨害だぁ〜!

  • フリーの記者が会見に居合わせて質問することの何が「妨害」なんですか? たとえ相手が誰でも取材をするのは当人の自由なハズです。

Q2.フリーの記者がヘンな質問すると主催者である記者クラブが責任負わなきゃいけないだろぉ〜!

  • 質問者が記者クラブに加盟していないならば別に記者クラブが責任なんか負わなくて結構だよ。司会などから「この方は●●記者クラブとは関係ありませんので」と免責的コメントを添えれば充分。

Q3.フリーの記者は粗暴で被取材者に暴力を働く恐れがあるのでフリーランス排除には正当な理由がありまーつ。

  • 偏見も甚だしい。フリーの記者が大手メディア記者に比べて被取材者に暴行など働きやすいという統計的なデータでもあるんですか? ちなみに大手メディア記者が啖呵きった映像ならありますよwww

Q4.フリーランスはサヨクばっかですぐアジや演説始めるから排除されてあたりまえだろ?

Q5.記者会見の主催が記者クラブじゃなかったら被取材者が質問から逃げることができちまうだろぉ〜?(泣き)

  • だったら「△△(被取材者)が□□(質問)に答えなかった」と記事に書けば良いのです。質問に答えるかどうかは被取材者の内心の問題でもあり、そこまで誰かが決められることではありません。

Q6.あなたは私たち(記者クラブ)の人間に何か恨みでもあるの?

  • 私怨でなく公憤です。国家権力を監視する権利は第一に国民にあるのが民主主義の原則です。よって、当局などから出る情報(特に一次情報)は国民が最初に知るようにしなくてはなりません。今の記者クラブ制度はそれを妨げています。