高藤まりか


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】高藤まりか
【性別】女
【外見】小学6年生。背はそれなりにあるのにスレンダー過ぎるのがコンプレックス
    青い髪のショートヘアで、スポーティな印象。ジャージを好む
【詳細】
ジュニア競技の世界の三傑の一人、女流ファイター「高藤まつり」と大変仲が良かった従姉妹。3歳差がある。
元々はHMPをケータイと同じような感覚で使っていたが、まつりが突然の失踪を遂げてからは、
彼女の使用していたHMPを受け継ぎ、自身もトップ選手を志し。
そして、姉のように慕っていた従姉妹の消息を追うための戦いを決意する。
……のだが、まだファイターとして人として未熟と言わざるをえない。
一流なのは意気込みだけ。
さばさばした口調だが、大人には丁寧語を使う。
性格は生来明るく、ある意味フツーとも言えるが、今は気を揉みすぎてか自然に笑えなくなっている節あり。
かつて三傑であった従姉妹が謎めいて消えたのだから、自身がトップに上り詰めれば真相に近づく資格を得られる、と考えている。

愛機であるシャドウニンジャ・「嵐影」との関係も、まだギクシャクしている。
「なぜ従姉妹の/マスターの側に居られなかったのか」という、〝不毛な後悔を共有している〟状態と言い換えても良い。

ちなみに、二番手の機体であるシャドウニンジャが彼女に付いて来ているのは
まつりの最強機である巫女型HMPルーンルーインがファイターごと失踪しているから。
弓型のレーザーキャノンで遠距離から射抜き、バリア・ビットまで搭載している恐ろしい機体である。
まりか自身がもともと所持していたHMPは、現在母親のものになっているようだ。

現在はシャドウニンジャ一式よりも、主にライオン型HMPレグルスハウル一式を使用中
ただし人工知能は嵐影その人のものである
HMPの頭部AIチップの移植は簡単に行う事ができ、収納部分の開閉は機体本人の判断かDVNO側からの命令のみで可能である

【HMP NAME】嵐影
常に自重し冷静に構える性格。
しかし行動力に欠ける面があるのをまつりの采配で補う、という分業体制で勝利をもぎ取って来た。
寄せる信頼は全幅であったが、故に些細な変化を見逃し謎の失踪を許したのでは、という念に取り憑かれている。
また、奇襲攻撃の時に「背後からジャンプして襲い掛かる」癖があり、自覚がない。

+ 【NIN-03 シャドウニンジャ】

+ 【LEO-01 レグルスハウル】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。