春海紗奈


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】サーニャ・ヴィクトロヴナ・プリセツカヤ(日本名:春海紗奈)
    なお、より正確な本名は「アレクサンドラ」であるが、響きが堅いので仇名で名乗る。 某第二次世界大戦風パンツズボンアニメのあの子みたいな
【性別】女
【外見】
父譲りの黒髪は長く伸び、母譲りの碧眼が目を引く。
体躯は華奢で、肌は不安を催すほど白い。
常にHMPを複数格納するスーツケースを持ち歩いていて、旅行者だと思われたり。

【詳細】
「ハラショー、流石に日本は10年先を行ってるわね。」
EDENウラジオストク支部から、ブルーローズ事件の多発する日本に転属となった14歳の少女。
混血であり、また現地が古くから日本とゆかりの有る土地で、言語教育を受けていた為、適任と判断されたらしい。
既に後期中学(高校)程度の教育を受けており、昼間からぶらぶらしている時も多い。そこ、ニートとか言うな!!
性格はプライドが高くクール、然して喧嘩をする時は、決着を付けないと気が済まない熱さや、強敵――とも――を認める潔さもある。
時折表現しがたい程の寂しさに襲われる事があるのを、昔からHMPが癒してくれたらしい。

目下のところの目標はブルーローズ事件の調査・解決と、HMPの起源にして頂点である日本での、強力なファイターの発見の2つ。
サーニャ自身地元トップの実力者だが、日本のレベルの高さの前では苦杯を喫した戦いは数知れない。
使用HMPは100%日本製市販パーツの『ミチエーリ』と、幼少よりの友・ワンオフ機『ストリボーグ』。
だが後者は精密なオーバーホールに出していて、現時点では所持していない。

+ 【ミチエーリ】

+ 【ストリボーグ】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。