滝沢真一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】滝沢真一
【性別】男
【年齢】17歳
【外見】
身長175cm、体重68kg。
ウルフカットの黒髪と、深い茶色の瞳を持つ少年。
顔立ちは中性的なようでいて、その目付きや表情から男らしさも感じられる端正なつくりであり、
体付きも細身に見えるが、よく鍛え上げられた筋肉で引き締まっている。
服装は赤いTシャツの上から学ランを羽織り、両足にはスニーカーを履いたラフなスタイル。

【詳細】
日本に生まれ育った高校2年生のHMPファイター。
性格はややDQNの入った熱血漢で、夢は「世界最強のHMPファイター」になること。
喧嘩っ早く直情的な風に思われがちだが、意外と悪知恵が働く策略家タイプの一面も持っており、
HMPについての知識も豊富で、校内や地元では負け知らずの凄腕ファイターである。

また先天的に運動神経が高く、実家が剣道道場を営んでいるということもあって、
特に剣道に関しては大人顔負けの実力を持っており、中学時代は全国大会に出場した実績もある。
その優れた剣道スキルはHMPファイトにも活かされ、格闘戦においては極めて高い適性を発揮する。

【HMP NAME】ロラン
【TYPE NAME】レッドセイバー
【HMP SIZE】33cm
【HMP TYPE】ヒュームボット

【HEAD】ヒートヘルム
騎士の兜を模した頭部パーツで、額の上には角のようなブレードが付いている。
このブレードはクロスレンジでの使用を想定した格闘武器であり、
剣身に高熱を帯びさせて、頭突きの要領で敵機を溶断することが可能。
また左右の側頭部に1基ずつ、主に牽制用として使われる小型機関銃も内蔵している。
ロック範囲は短めだが、処理能力とレーダーによる補足速度は随一な高性能パーツ。

【BODY】クリムゾンプレート
騎士の鎧を模した胴体パーツで、装甲の色は赤を基調としながらも、
胸元や腰当て部分など、各部に黄金の刺繍模様が描かれた高級感の漂う外見。
背部にはマントを連想させる2基の大型フレキシブルブースターを搭載しており、
最大出力を発揮した際は、疑似飛行に近いような超跳躍が可能となる程の機動力を得ることができる。
莫大なエネルギー消費を前提とした設計を成り立たせるための、大容量バッテリーを積み込んでいるが、
それでも消費量に見合う電力を供給できないので、継戦能力には難が残る。

【L.ARM】アームドクロー
5本の指の先端に、銀色に光るクローを擁した大型マニピュレーター。
このクローは生半可な装甲なら容易く引き裂くことができる程のパワーと切れ味を持ち、
さらに対エネルギーコーティングも施されているため、ビームやレーザーなどといった攻撃を切り払うことも可能。
また掌の中央部には「プロミネンス」という名の大出力ビーム砲を内蔵しており、
これは射撃精度には劣るものの、至近距離から撃ち放った際には必殺の一撃となり得る高火力を誇る。

【R.ARM】ドラゴンバスター
大型の両刃剣に、ビーム刃を纏わせて使用するビームソード。
レッドセイバーのメインウェポンとも呼べる武装であり、通常時でも重量と高出力ビームによる高い攻撃力を誇るが、
剣に注ぐ出力を限界まで高めた際には、フィールグラムの端から端までを両断するような、規格外の特大ビーム刃を生成することもできる。
大量のエネルギーを消費するため、特大形態を発動できるのは一度の戦闘で一回限りだが、
その常識外れな性能を見て、開発部からは「竜殺し(ドラゴンバスター)」の名を与えられることになった。
ちなみにビーム出力をカットすれば、通常の実体剣として扱うことも可能である。

【LEG】ランドランナー
騎士鎧の脚甲を模した二脚パーツであり、踵部分には拍車のようなスパイク付きのローラーが備えられている。
このローラーは陸上走行の補助として高い効果を発揮し、さらに両足の脹脛部分に搭載された小型ブースターや、
前述した胴体パーツ背部の大型フレキシブルブースターなどと有機的に併用することで、高機動と多彩な戦闘モーションが可能になる。
性能自体はかなり優秀だと言えるが、やはりブースト機動にかかるエネルギー消費は多いため、使用には高い技量と判断力が必要とされる。

【ETC】
レッドセイバーの名の通り、全身に赤い鎧を纏った騎士型HMP。
これは大手機械工業メーカー「恵比寿技研工業」が、極秘裏に開発していた最新鋭HMPの試作機であり、
その運搬中に起きた原因不明の事故によって、機体が行方知らずになっていたところ、
どういう理由か怪しげな露天商の手元へ渡り、それを滝沢が購入して現在に至るという数奇な運命を持つ。
露天商がどうやってレッドセイバーを入手したか、などといった事情は一切不明。
滝沢にとってこの機体と出会ったことが至上の幸福なのか、あるいは大いなる波乱へと巻き込まれる前兆なのかは、今はまだ知る由も無い。

HMPとしての特徴は、高機動と高火力を活かした格闘戦型であり、
性能が高い反面燃費も悪く、扱いが非常に難しいという玄人向けな仕様になっている。
性格は騎士型に相応しく、とても生真面目で実直なものであるが、
自分の考えは絶対に曲げない頑固者でもあるため、滝沢と衝突することも度々ある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。