疑問文と否定文


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

代名詞 ←前 ★ 次→ 受動分詞と受動態
※2014/09/02 ダイアクリティカルマークがある文字が文章の場合、括弧の中にx-sistemo表記を併記する。例:ĉu(cxu)


Mi amas katojnは「私は猫が好き」、Vi amas hundojnは「あなたは犬が好き」だったよね。
じゃあ、「あなたは犬が好きですか?」って聞くときにはどうすればいいの?


疑問文ね。
英語だとDo you~?とかDoes he~?のように複雑だけど、エスペラントでは文頭にĉu(cxu)(チュ)を付けるだけでいいの。
Ĉu(Cxu) vi amas hundojn?で「あなたは犬が好きですか?」よ。簡単でしょ。


ついでに否定文もやっておこう。
否定文は動詞の前にneを置いて作る。
Vi ne amas hundojnで「あなたは犬が好きではありません」になる。


疑問はĉu(cxu)(チュ)で、否定はne(ネ)ね。
「~でちゅか?」、「~じゃねぇ」って覚えとこ(笑)


ちなみに、疑問文に対して返事をする場合、「はい」ならjes(イェス)、「いいえ」ならneと答えるわ。
例文を挙げておくわね。

 Ĉu(Cxu) li estas studento?「彼は学生ですか?」
 Jes, li estas studento.「はい、彼は学生です」
 Ne, li ne estas studento.「いいえ、彼は学生ではありません」


あとこれは応用だが、neは動詞以外も修飾することができる。
例えばNe mi amas katojnで、「私でない人が猫を好きだ」、すなわち「猫が好きなのは私ではない」という意味になる。


neはどこでも付くことができて便利なんだね。
ところでĉu(cxu)を付けるふつうの疑問文は分かったけど、「何」とか「誰」とかを尋ねる場合はどうすればいいの?
「これはなんですか」とか「あなたは誰ですか」とか……。


「何」はkio、「誰」はkiuというの。
英語と同じで疑問詞は文頭に置くのよ。
What is it?は Kio ĝi(gxi) estas?といい、Who are you?はKiu vi estas?となるの。
Kiu vi estas?と聞かれたら、Mi estas Lidiaのように、疑問詞に対して答えてね。


kioとkiuか……。
「なぜ」や「どこ」はどうなるの?


「なぜ」はkial、「どこ」はkie、「いつ」はkiamよ。
みんなkiから始まるわ。例を挙げておくわね。
疑問詞については相関詞のところで改めて扱うから、今はkioやkiuなど、ここで挙げたものだけ覚えておけばいいわ。

 Kial vi iras? あなたはなぜ行くの?
 Kie vi loĝas(logxas)? あなたはどこに住んでいるの?
 Kiam li alvenis? 彼はいつ着いた?


わかったよ。今回はわりと簡単だったね。
やっぱり人工言語は基本的に簡単なんだね。


(とかいって、次は難関の分詞だったり(苦笑)
 次回こんな→(TωT)顔になるような気がするわい……)

代名詞 ←前 ★ 次→ 受動分詞と受動態

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る