※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【紗奈月 千雨】


名前:紗奈月 千雨((さなづき ちさめ)
性別:男性
年齢:19歳
容姿:髪色は交じり気なしの真っ白で、長さはうなじが隠れる程度まで。また目は黒い色となっている。
膝下まで丈があり、先がぼろぼろになっているオーバーコート状の黒い軍服を身に着け、中にはグレーを基調とし袖の部分に黒く線の入っているワイシャツを着ており、下は茶色のチノパンに黒くて無骨なミドルブーツを履いている。
身長:172cm
武器:飢渇(ザリチェ)&焦熱(タルウィ)
通常の短剣に比べて少し長めの奇形な短剣。
鍔は存在せず、柄の先は曲がったような刃になっている。
全長は38cm程度となっており、飢渇(ザリチェ)は逆手持ち用、焦熱(タルウィ)は順手持ち用となっている。
飢渇(ザリチェ)は全体的に黒く、刀身に赤黒い謎の模様が刻まれており、焦熱(タルウィ)は全体的に赤黒く、刀身に黒い謎の模様が刻まれている。
内側の飢渇(ザリチェ)焦熱(タルウィ)をコートの内側の左右の腰に提げている。

能力1:モード“ダエーヴァ”『悪しき思考(アカ・マナフ)
自身の周囲から誤った情報を具現化し物理的な攻撃をせずに物理的な破壊をする能力。
誤った情報は、自身の周囲から黒い影のような靄として具現する。
黒い靄はただの悪性情報のため形は変幻自在。ただし具現しているため、物体を貫通するなどはできず、物体で遮る事は可能。
一度に大量の情報を靄に指示させることはできないため、壁も切断して人も切断するなどの事は出来ない。
能力2:モード“ダエーヴァ”『虚偽と不浄の死(ドゥルジナス)
自身の体から死肉で創られた腕と黒ずんだ牙や骨を生やし、操ることができる能力。
死肉の腕などを壊しても、また内側から腕が肉を引き千切るように生えてくる。
ただし、全身から大量に生み出すことなどはできず、大量に作り出すならば一点に集中しなければならない。
死肉の腕自体は腐っていたりしてるため、強度などはあまり高くないが、それを補うように湧き出てくる。

能力3:モード“アハスペンド”『統治の賜杯(クシャラ・バイラ)
真っ黒な色をした十字架型の刃のような剣を大気中から無数に精製し、背中から展開し折り重ね翼状にする能力。
剣は刀身に熱を帯びており、その熱を使い剣を翼のようにして飛ぶことも、構成している剣を飛ばすこともできるなど汎用性が高い。しかし一度飛ばした剣の向きを変えることはできない。また剣の熱によって刀身を燃やすこともでき、炎の剣のようにすることもできる。
剣の弾数は存在しないため、無限に精製し新たな翼として扱うことができる。
十字架型の剣は、両刃の物で、左右も後端も尖っていて、先端の方が角ばったものでなく、滑らかな刀身になっている。左右の刃は鉤状のような形になっていて、下を向いている。
翼は後ろの方に行けば行くほど、剣の大きさも大きくなっていき、最も短くて35cm程度で、最も長いのは、90cm程度。

備考:能力のせいで周囲から忌み嫌われてきたため、自覚はしていないが心の奥底で常に自虐をしており、自分は屑だ心の奥から腐っていると考えている。