Aliquam Paradise Wiki

58


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アミー


「俺は炎、君の中の小さな種火を地獄の釜の底のように燃え滾らせる炎だ。ただし、俺はそこらの野良火と違って行儀が良いから、燃え尽きた灰はきちんと回収して帰るのさ。そうそう、物わかりがいいね、お前さんの魂のことだよ」
「俺も暇じゃないんだよ。次にお粗末なことを言ったら一族郎党消し炭にするぞ」
「死者の国には娯楽がないもんでね。こういう可哀想な魂を虐めるくらいしかすることがないんだ」

アミー(amy)/フリント

その姿は燃え盛る炎であり、召喚後その姿は男性へと変わる。
召喚者に占星術と教養学の完璧な知識を授けるとされている。
また、召喚者が望む相手の欲望を密かに増大させる能力をも兼ね備えている。
この能力で任意の対象を欲情させて、いとも容易く篭絡することが可能となる。
召喚者がそれらの能力を得る代償に人間の魂を要求する。
その魂は召喚者本人のものではなくとも構わない。
召喚者の希望を叶えた後、その捧げられた魂と共に死者の国へと去ってゆく。
皮肉屋でマイペースな性質。常に飄々としている。
娯楽のない死者の国に住んでいる為、常に面白いことを探している。
燃え盛る青い髪と真紅の瞳を持つ。
下腹部に58の数字。

のぶみ(@n33b10m)