※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



再・會・了 Summer Holiday

作詞:松井洋平
作曲:伊藤賢
編曲:伊藤賢
演唱: S.E.M
    硲道夫(CV:伊東健人)舞田類(CV:榎木淳弥)山下次郎(CV:中島ヨシキ)
翻譯:梨安子
(出自THE IDOLM@STER SideM 2nd ANNIVERSARY DISC 02 Beit & S.E.M)


I remember this summer.
(I remember this summer.)
遠くなってく灼けた素肌に残った思い出
(遠去的回憶在肌膚上留下了曬痕)
カレンダーの数字が変わる前に
(在月曆的數字改變之前)
空を赤く染めて消えていった
(染紅了天際消逝而去)

過ごした日々は愛に変わる事無く
(逝去的每日並沒有轉變為愛情)
切ない胸の疼きを残すけど
(只留下刺痛胸口的苦楚)

夏の終わりという答に
(對「夏天結束了」這個回答)
後悔をする事はないさ
(不曾後悔過喔)
LADY…たった一度の出逢い
(LADY…僅僅一次的相遇)
きっと伝えないでいたら
(無法讓彼此理解的話)
恋にすらなれなかったね
(也沒辦法成就為戀情呢)
引き波はさらっていく…悲しみを
(浪花般接連回流的…悲傷與)
あの瞬間、溢れる様に瞳から
(那一瞬間、自眼眸中不停滿溢)
落ちた涙を
(落下的淚水)

振り返っていいだろう…時計はもう
(即使回首也無所謂吧…畢竟)
二人重ねる事はないから
(兩人的時鐘已經不再交疊了)
奇麗だって感じた、花火の夜
(曾經如此美麗、煙火照亮的夜晚)
空はいつか色を失ってた
(那夜空曾幾何時褪去了色彩)

I don’t know why.
(I don’t know why.)
でもね…理由なんていらない
(但是啊…並不需要什麼理由)
風に途切れる前に言うよ…サヨナラを
(在被風聲打斷前說出來吧…說再見)

夏はまたやって来るけど
(雖然夏季還會造訪)
貴女との夏はもう来ない
(和妳的夏天卻不會再有了)
MAY BE…生まれ変わっても
(MAY BE…即使是輪迴來世也)
もしも伝えないでいたら
(如果不說出口)
割り切れないままだったろう
(也只不過是藕斷絲連吧)
解けなかった気持ちは一つでいい
(無法理解的思緒僅僅一個就夠了)
あの瞬間、貴女は何故泣いたのか
(在那一瞬間、妳為什麼哭泣)
永遠の謎さ
(這一永遠的謎題)

届かなかった時間も、意味になるはずさ
(無法到達的時間也、能夠變得有意義)
本気で… 本気で… 想っていたなら
(如果真心地… 真心地… 這麼想著)
終わらせないでいれば、願えなかったよ
(畢竟未曾希望過、「要是沒有結束的話」)
本気で… 本気で… その幸せを
(發自… 內心的… 為妳的幸福——)

Farewell, my love.  波の音に融けて
(Farewell, my love.  溶解在海潮聲中)
Farewell, my love.  繰り返してしまうけど…
(Farewell, my love.  即使還不停反覆著…)
Farewell, my love. I wish your happiness.
(Farewell, my love. I wish your happiness.)

叶ったことだけが大切じゃない
(並不只有實現了的才重要)
叶わなかった全ても大切なんだ
(那些未曾實踐的事物都舉足輕重)
だからいつまでも…忘れない
(所以不論多久都…不會忘記)

夏の終わりという答に後悔をする事はないさ
(不曾後悔過說出了「夏天結束了」這個答案)
LADY…たった一度の出逢い
(LADY…僅僅一次的相遇)
きっと伝えないでいたら
(無法讓彼此理解的話)
恋にすらなれなかったね
(也沒辦法成就為戀情呢)
思いだす微笑みはいつまでも
(在回憶裡的微笑無論何時)
美しく、心に残っていくだろう
(都會絢麗地、殘存在心中吧)
Good-bye my Summer Holiday…
(Good-bye my Summer Holiday…)


譯註:此為未確認的網路刊登版歌詞,正確歌詞以官方歌詞本為準