※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



水底的巴士急馳。

詞曲:suu
編曲:suu
演唱:波音リツ
翻譯:梨安子

大きな水槽に君は 少しずつ涙を溜めていった
(你面對寬廣的水槽 點點淚珠逐漸落下)
生まれたのは小さな海 僕だけに見えるセカイ
(孕育自己的這片小小海洋 是只有我才能看見的世界)

銀色のサカナ 揺らす 君の胸 心の波
(銀色的魚 蕩漾著 你胸口的 心之漣漪)
こんなにも美しいって 気づいてる?
(如此美麗的景象 你有注意到嗎?)


水底のバス走る。
(水底的巴士急馳。)
しょっぱい水にキスしながら
(親吻著微鹹的水珠)
次々変わる景色を見落とさないように
(為了不看漏連接變換的景色)
僕は目を拭った
(我輕拭雙眼)


感情の停車駅いくつ? 喜怒哀楽るくる抜け出せないまま
(感情的站牌有幾個? 在喜怒哀樂的範圍裡)
「次、停マリマス。」誰かが言った 君を傷つけては嗤った
(「下一站,停車。」某人說道 嘲弄、刺傷了你)

終着駅まだないよ 君が泣く 水面揺らす
(終點站還沒到喔 你落下淚滴 水波粼粼)
ひりつくような傷跡 透き通る
(抽痛的傷痕 也變得透明)


水底の草花は
(生於水底的花卉)
君がわらうと咲き誇ります
(因為你的笑容而盛開)
銀色のサカナたちは君がわらうとき
(銀色的魚群在你歡笑的瞬間)
きらりひかります
(變得閃閃發光)


白い部屋で君ひとり 泣いている 孤独な夜
(你獨自一人在純白房間 哭泣的 孤單的夜晚)
慰めたくて溢れ出す やさしい――…
(想要給予你安慰 溫柔滿溢而出--…)


水底のバス走る。
(水底的巴士急馳。)
君の頬に口づけひとつ
(在你頰上輕輕印下一吻)
何もできない僕だけどこの場所で揺られて
(雖然是只能在這裡漂蕩、什麼也做不到的我)
ずっといるよ
(我一直都在喔。)