※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


草枕之夢

作詞:森 由里子
作曲:佐々倉有吾
演唱: 真田幸村 (草尾毅), 石田三成 (竹本英史), 直江兼続 (高塚正也)
翻譯:梨安子
(出自戦国無双 武將遊戲)

友よ 疲弊し 其の身 休めて
(朋友啊 讓疲憊的身軀 稍作休息)
夢を見よ 此の草枕にて
(在這草枕上 作著夢)

亦太陽が昇れば
(當太陽再次升起)
獅子奮迅の戦ぞ
(將再如獅子般勇猛戰鬥)
しばし夜半は ゆるりと微睡みて
(於夜半就暫且 和緩的睡吧)

瞼 閉じて今日も 描くのは
(閉上眼 今日也 描繪著)
我ら 勝利の日と 其の天下
(我等 勝利之日 與那天下)

たとえ 此の体が 明日には斃れ 果つるとも
(若是 此身 將於明日逝去 迎來終局)
常に急ぎ 前に進みゆく
(也仍急馳 持續向前邁進)
やすらぎ 武士には無い さればこそ
(所謂安穩 於武士為無物)
志を遂げゆく理想枕にして眠れ
(將實現志向的 理想為枕入睡)

不意に 眼が目覚め 月を仰げば
(不經意 睜開雙眼 仰望明月)
我が仲間 ふと傍らに立つ
(同伴們 此刻立於身畔)

我ら 真の友 見し夢は
(與摯友們 所看見的夢)
遥か 出逢いし日の 思ひ出か
(是迢遙 相遇那日的 回憶嗎)
たとえ 暗闇の彼方が 今は見えずとも
(假若 此刻 無法窺見那黑暗的彼端)
来る夜明け 信じ進むゆく
(也相信著 黎明將至而前行)
生きるが 一炊の夢と知りてなお
(深知 此生僅為黃粱一夢)
志と 愛の一文字 胸に 抱き行かん
(將志向與 愛之一字 懷抱胸中前進)

言葉にせぬ想い
(無法訴諸言語的思緒)
流れゆく静寂
(流瀉而過的靜寂)
心も静まりて 迷いはなし
(心中亦澄靜 毫無迷惘)

たとえ 此の体が 明日には斃れ 果つるとも
(若是 此身 將於明日逝去 迎來終局)
常に急ぎ 前に進みゆく
(也仍急馳 持續向前邁進)
やすらぎ 武士には無い さればこそ
(所謂安穩 於武士為無物)
志を遂げゆく理想枕にして眠れ
(將實現志向的 理想為枕入睡)
明日が為
(為了明日)